テークバックを飛球線後方にまっすぐ引く

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テークバックは、静から動の始まりです。

スイングで難しい動作の一つです。

クラブが飛球線の後方に真っすぐ上がっていなければならない。

飛球線の後方に真っすぐ上げることができなければ、

当然、ボールは自分の思ったようには飛んでくれない。

正しいテークバック

スライスやフックの原因は、

グリップやダウンスイングにあると考えられがちですが、

実はスイングをスタートさせるテークパックに原因があることが多いのです。

飛球線の後方にクラブを引いた時、いつも外側に上がっている人は、

おそらくフックボールに悩んでいるに違いない。

外側にクラブへッドを引くため、

ダウンスイングで内側からボールを叩こうとするので、ボールは当然フック系になる。

これとは逆に、いつも内側に上がっている人は、典型的なスライス病に悩んでいるはずです。

内側にクラブへッドが行くために、ダウンスイングでは外側からボールを叩こうとする動きになり、ボールは左に出て行って右に曲がるスライスになります。

テークバックは、飛球線後方にまっすぐに上げるのが基本です。

この基本を身につけないと球筋は一定せず、フックやスライスに泣かされてしまいます。

そのためには、

左肩がボールに近づくように動かし (感覚としては下がるイメージ)、テークバックでは左脇を開けないで、できるだけゆっくりスタートさせてください。

もしあなたが、

テークバックがしっくりこない

と悩んでいるのであれば、↓の練習法がオススメです。

ボールを打たないで自宅でスイング改造する

是非、試してください。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
テークバックを飛球線後方にまっすぐ引く
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!