テークバックを飛球線後方にまっすぐ引く

テークバックは、静から動の始まりです。

スイングで難しい動作の一つです。

クラブが飛球線の後方に真っすぐ上がっていなければならない。

飛球線の後方に真っすぐ上げることができなければ、

当然、ボールは自分の思ったようには飛んでくれない。

正しいテークバック

スライスやフックの原因は、

グリップやダウンスイングにあると考えられがちですが、

実はスイングをスタートさせるテークパックに原因があることが多いのです。

飛球線の後方にクラブを引いた時、いつも外側に上がっている人は、

おそらくフックボールに悩んでいるに違いない。

外側にクラブへッドを引くため、

ダウンスイングで内側からボールを叩こうとするので、ボールは当然フック系になる。

これとは逆に、いつも内側に上がっている人は、典型的なスライス病に悩んでいるはずです。

内側にクラブへッドが行くために、ダウンスイングでは外側からボールを叩こうとする動きになり、ボールは左に出て行って右に曲がるスライスになります。

テークバックは、飛球線後方にまっすぐに上げるのが基本です。

この基本を身につけないと球筋は一定せず、フックやスライスに泣かされてしまいます。

そのためには、

左肩がボールに近づくように動かし (感覚としては下がるイメージ)、テークバックでは左脇を開けないで、できるだけゆっくりスタートさせてください。

もしあなたが、

テークバックがしっくりこない

と悩んでいるのであれば、↓の練習法がオススメです。

ボールを打たないで自宅でスイング改造する

是非、試してください。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク