クラブの芯でボールを捉える練習方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インパクトの形が悪いと

アイアンショットでダフリやトップになります。

ドライバーが曲がりやすくなり飛距離をロスします。

正しいインパクトの形を作れば

・クラブの芯でボールを捉えやすくなります

・ダフリやトップが激減します

・アイアンもドライバーも飛距離が伸びます

芯でボールを捉える正しいインパクトの作り方

世の中にはゴルフ理論はたくさんありますが、

全ての理論がまるで違います。

しかし、、、
全てのスイング理論で共通しているところは、

『インパクトの形』です。

実はどのスイング理論も最終目標は

『理想的なインパクトを作ること』なのです。

なぜ、『理想的なインパクトを作ること』が最終目標なのか?

ボールに影響を与えられる唯一の瞬間がインパクトです。

極端なことを言えばインパクトさえ

理想の状態であればボールをコントロール出来ます。

『理想のインパクトの形』で

ボールを打ったときに、

ゴルフクラブはボールを真っ直ぐ、

遠くに飛ぶように設計されています。

芯でボールを捉える正しいインパクトの作り方

練習場ではウエッジからボールを打ち始め、

徐々にクラブを大きくしていきます。

小さな腰の動きから始めます。

小さなスイングの方がフルスイングよりも

正しいインパクトを確認しやすいからです。

小さないスイングはアプローチの練習にもなり、

全てのクラブのフルスイングの基本となります。

・小さなスイングからはじめる

・正しいインパクトができているか確認する

・徐々にスイングを大きくする

・インパクトが不安定になったら

スイングを小さくしてインパクトを確認する

このように練習をすると再現性の高いショットが身につきます。

小さなスイングの練習方法

(1)SW、AWで30ヤードを打つ

腰から腰のスイングで30ヤードほどの距離を打ちます。

(2)下半身、上半身を使って打つ

手や腕は器用に動きますが、パワーが小さいです。

小さなスイングでも体の回転でボールを打ちます。

正しいインパクトを身につけるには

こちらも参考にして下さい。
アイアンショットを確実に安定させる

(3)徐々にスイングを大きくする

「理想のインパクト」が出来ると

小さなスイングでもボールは気持ちよく飛んでくれます。

正しいインパクトができたら徐々にスイングを大きくします。

インパクトがブレ始めたらまたスイングを少し小さくします。

この練習をすると再現性の高いスイングが

身につき、アプローチの練習にもなります。

大切なのは正しいインパクトを知れば、

芯でボールを捉えて再現性の高いショットを打てます。

是非、参考にしてください。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
クラブの芯でボールを捉える練習方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!