スイングの力みと早打ちを直す方法があります

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「力み」はミスショットを誘発します。

力みがあると早打ちになる傾向があります。

「力み」と早打ちを直せば、ナイスショットに繋がります。

力みと早打ちは同時に直せます。

力みを直すベストをな方法

(1)左手片手素振り

調子が悪いときはリズムが早くなっています。

良いリズムで振れば、悪いスイングをカバー出来ます。

リズムを整えるには素振りが一番です。

特にオススメなのが「左手一本で素振り」です。

右手を使いすぎるとリズムを崩す原因になります。

そのため左手一本で素振りをすると
理想的なリズムにリセットできるというドリルです。

力みがでる、リズムが早いと感じた時は、左手一本で素振りをしてリズムを整えます。

リズムが早くなる人や、右手が強くなる人に最適です。

左手片手で素振りをしてから、ボールを打ちます。

スイングアークが大きくなり、飛距離アップの効果もあります。

(2)トップでクラブの重さを感じる

トップでクラブの重さを感じられない場合は、力んでいる可能性が高いです。

リズムが早くなるとクラブの重さを感じる前に切り返してしまいます。

トップでクラブの重さを感じれば、スィングのリズムが早くなるのを防止する効果もあります。

トップでクラブの重さを感じるには、右の股関節に体重が乗らなければ重さを感じられません。

右の股関節に体重を乗せる方法は、
テークバック時、右足の母子球を踏み込みながらトップを迎えれば
股関節に体重が乗ります。

特にドライバーはクラブの重さを感じながら振ればバックスピン量が減り、飛距離が伸びます。

(3)グリッププレッシャーが強いと腕に力が入ります

グリップのプレッシャーを弱めましょう。

きき手が右手の場合は、
右手のグリッププレッシャーが強くなりやすいです。

右手のグリッププレッシャーを弱めてください。

力みがあると特にグリッププレッシャーが強くなります。

力みを取る方法はたくさんありますが、あなたに最適な方法を1つ知っていれば良いのです。

大切なのは、調子が悪くなったときに、立て直す方法を知っているとゴルフが簡単になります。

「力まない」、「早打ちをしない」が無くなれば、ナイスショットが期待出来ます。

是非、実戦してください。