確実にアイアンショットを安定させる方法




ここでご紹介する実践法は

あなたのアイアンショットが安定し、

スコアアップの大きな効果があることを約束します。

パーオン率が高いゴルファーは

アイアンショットが安定しています。

アイアンショットを安定させる簡単な方法があります

この方法は次のラウンドから実践できます。

確実にアイアンショットを安定させる方法とは、、、

「アイアンを指一本分、短く握る」という方法です。

「クラブを短く持つと、飛距離が落ちるんじゃない?」

と思うかもしれません。

多くのアマチュアゴルファーは

グリップぎりぎりまで長くクラブを握っています。

これはアイアンショットが安定しない原因の1つです。



アイアンを指一本分、短く握ると!

多くのメリットがあります。

・ミート率がアップする

・フェースコントロールがしやすくなる

・インパクトでの入射角が安定する

インパクトが安定するのでミスが減り、

方向性が安定します。

入射角が安定するので、飛距離が安定します。

ミート率がアップすれば飛距離が伸びます。

つまり、、、ねらった場所に打てるというわけです。

この方法は多くのトッププロが実践しています。

もしあなたが「アイアンショットが安定しない」

と悩んでいるなら、ぜひお試し下さい。

単純なので直ぐに練習場やラウンドで試せます。

簡単にアイアンショットが安定して、

スコアアップにつながります。

飛距離が落ちることもなく、

むしろ平均飛距離は伸びるケースが多いです。

ここでは、アイアンショットを安定させる

方法として「クラブを指一本分、短く持つ」

という方法をご紹介しましたが、

ドライバーを安定させる効果もあります。

「ドライバーショットが安定しない」

とお悩みの場合もお試し下さい。

応援しています。

スポンサーリンク