「右肩」の使い方が上手い人は飛距離がでます!

練習場で若い人のドライバーショットをみると「もっと飛ばしたい!」と思いますね。

飛距離が伸びれば、セカンドショットで短いクラブが使えます。

飛距離を伸ばすコツはいくつかありますが「右肩」の使い方が上手い人は飛距離がでます。

ということで今日は、右肩でドライバーの飛距離を伸ばす方法を紹介します。

右肩でドライバーの飛距離を伸ばす方法

(1)バックスイング時の「捻転」を大きくする

バックスイング時の「捻転」を大きくすると飛距離がアップします。

「捻転」とはバックスイング時の、「肩の回転」と「腰の回転」の『差』です。

(2)右肩を後ろに引く

捻転を最大化するために良い方法があります。

バックスイングで右肩を後ろに引くというイメージです。

右肩を後ろに引くといつもより深く捻転できます。

肩甲骨を背骨に近づけるというイメージです。

捻転の大きさが1cm、2cm変わるだけで飛距離は変わります。

(3)右肩を動かすには「脱力」が必要

アドレスで脱力すると肩を動かしやすくなります。

肩の動きで捻転が大きくなるのでリバースピボットを防ぐ効果もあります。

アドレスで右肩の力を抜きましょう。

アドレスで脱力すると肩を動かしやすくなります。

右肩が後ろに引けるようになり捻転が最大化します。

右肩の力を抜く効果は捻転を最大化するだけではありません。

右肩の力を抜くとダウンスイングでヘッドが走りやすくなります。

アドレスで右肩から無駄な力を抜きましょう。

飛距離がアップしますよ。

ポイントをまとめますと、

・バックスイング時の「捻転」を大きくする

・「捻転」を大きくするには右肩を後ろに引く

・右肩を動かすには「脱力」が必要

飛距離を伸ばす別の方法として、

テークバック時に右のお尻(ヒップ)を後ろに引きます。

お尻が後ろに引けると左肩が回りやすくなり、ゆっくりと背中が飛球線の方向に向くまで肩を十分にまわします。

体重は右にのり、ダウンで左にのりスイング軌道が安定して飛距離が出ます。

体重移動は右のお尻から左のお尻に移すだけです。

体の軸は左右には動かしません。

飛ばそうと思ったら・・・

右のお尻を後ろに引いてください。

追記1

もしあなたが、スライスを本気で治したいと思うなら、
今やっている練習は一旦脇に置いてください。

ズバリ、『ドローボール』を打つことです!!

スライスをドローボールに~ドロー飛距離アッププログラム~
スライスをドローボールに~ドロー飛距離アッププログラム~
30ヤード飛距離がアップすれば、セカンドショットのアイアンも2番手短くなります。ピンをデットに狙うことができ、バーディーのチャンスも増えてきます。『年齢』や『筋力』、『体格』などを理由に飛距離を諦めることは一切ありません!

参考になれば幸いです。