ゴルフのメンタルを強化する方法




ゴルフが上手い人はメンタルが強いです。

ゴルフが上手いから自信が持てる。

本当に上手い人は意図的に「自信を持つ努力」をしています。

メンタルを強化することでプレッシャーのかかる場面でも実力を出せます。

ということで、ゴルフのメンタルを強化する方法をご紹介します。



ゴルフのメンタルを強化する方法

(1)失敗も自信につなげる方法

メンタルの強化には「自信を持つこと」が大切です。

普通のプレーヤーは成功体験から自信を向上させます。

本当に強いプレーヤーは、成功で自信をつけるのは当然として失敗も成長につなげます。

強いプレーヤーは何かミスをした時に「あー、失敗した、駄目だなー」と考えません。

このミスは自分の技術を高める良いチャンスだなと考えます。

ミスさえも自分が成長する機会と捉えることで意欲をわかせて、自信を高めています。

(2)自信を育てる

タイガー・ウッズは強いメンタルを持つ選手として有名です。

全米プロでタイガー・ウッズは1位の選手を4打差で追いかけていました。

残り4ホールで連続4バーディーをとりましたが残念ながら優勝はできませんでした。

タイガー・ウッズは、『いざというときに、こういうことが出来るとわかるのは大いに自信が持てる』と言っています。

優勝を逃したことではなく、連続4バーディーで追い上げができた自信です。

このように「経験」に「ポジティブな意味」をつけて解釈することで自信がついていきます。

失敗は自分を成長する機会と捉え、経験にポジティブな意味をつけて解釈することでメンタルの強化に繋がります。

自分に自信を持てれば、プレッシャーがかかるショットでもいつもと同じように打てます。

緊張するパットでも安定してストロークできます。

自信を持つことでスコアが良くなるワケです。

是非、参考にして下さい。

スポンサーリンク