この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛距離がでないのは指にカが人りすぎているから

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

飛距離はグリップで大分変ります。

グリップがしつくりこないでいるゴルファーが

多いと思いますが、飛ばすためにはグリップがポイントです。

殆どのゴルファーの方がグリップを強く握りすぎていますね。

そのためにクラブを走らせることができないのです。

自分でヘッドスピードのブレーキをかけてしまうんですね。

飛距離を出すにはグリップが大切

グリップは手のひらでべタッと握るのではなく、

指をグリップにからめるようにして握ってください。

小指から1本1本からめていきます。

ひもでクラブを縛るようなイメージがあるといいです。

ひもで縛ってあれば力を抜いてもクラブは

飛んでいかないないですね。

そういうイメージがあれば手に力を入れなくなります。

手でクラブを振るわけではないので、

力を入れる必要はないんです。

スウイング中に緩まなければそれでいいのです。

また飛ばすことに焦点を絞るなら

『つかまる気がする』ということが大事です。

スライスするかも、という不安があったら

思い切り振り切れないでしよう?

つかまりの良いフックグリップで握ります。

正面から見て左手のナックルか3つ、

ないし4つ見えるのがフックグリップですね。

このとき親指と人差し指にできるV字を

しつかり締めておくことが大切です。

ここが空いてしまうとフェースの向きが変わりやすいからです。

親指と人差し指の付け根が空いている人って

けっこう多いので、これは重要なポイントです。

では右手はどうでしょう?

右手はフェースの向きを感じ取ることが

大事なので、フィーリングが出やすいよう

手のひらではなく指で握ります。

親指の腹がグリップに触れるようにしつつ、

親指と人差し指でグリップを支えます。

握り方の注意点はこれぐらいですが、

左右の手の役割を知っておくといいでしよう。

手の役割はフェースコントロールで

クラブを振ることには使わない。

それぞれ役割があります。

要はてこの作用が働けばいいわけで、

左手の中指、薬指、小指が力点

右手の親指と人差し指が支点です。

力点である左手の3本は動力であり、

右手の2本が支点となってクラプヘッドが動きます。

てこの原理が働きますから、

力点である左手を少し動かすだけで作用点である

クラブへッドが大きく動くのです。

つい右手でボールを打ちにいきたくなりますが、

右手は支点なので動かさないんです。

実際には手はほとんど使いません。

クラブを振るのはあくまでも体のターンで、

手の役割はフェースコントロールです。

飛ばそうとすると、どうしても手でクラブを

振り回したくなりますが、それは意味がないのです。

手で振ってもスピードは上がりません。

体のターンでシャフトをしならせることで

ヘッドスピードが出せるんです。

手を動かしてしまうとシャフトはしなりません。

飛ぶ飛ばないに最もかかわってくるのは体との距離です。

体に近すぎるとクラブを振るスペースがなくなり、

腕を曲げてアジャストするか、

上に伸び上ってアジャストするかのどちらかに

なってスピードが出せません。

トップスピードを出せるのは遠心力で腕が

伸びた状態でとらえるときです。

このときにヘッドが届く位置にボールを置きます。

是非試してください。

応援しています。

スポンサーリンク
飛距離がでないのは指にカが人りすぎているから
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!