飛ばせる体の使い方上半身ダウンブロー、下半身アッパーブロー

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下半身をアッパーブローに使って

飛距離アップする方法があります。

上半身ダウンブロー、

下半身アッパーブローは手打ちではなく、

理想的な体の使い方です。

上半身をダウンブロー

どうすれば最も力を出せるかを考えれば、

上半身は上から下に力を使うときに最も大きな力が出るんです。

これは斧を振り下ろすことを考えればわかりますね。

横に振るより、縦に振り下ろすほうが

遥かに大きな衝撃を与えられます。

そして、下半身は上から下に沈み込むより、

下から上にジャンプするときに最も大きなカか出ます。

つまり上半身と下半身のそれぞれが最も

大きな力を出せる体の使い方をすればよいのです。

上半身のカのべクトルと下半身のカのべクトルが

交差するのはこのパターンしかないです。

だからカが出せるんです。

下半身をアッパーに使うのはコツがあって、

右足で地面を蹴るようにします。

これは作用反作用の法則を応用するんです。

壁を押すと壁から同じ大きさのカで押されている、

というのが作用反作用の法則です。

ダウンスイングで自分の体重を地面にかければ、

地面は同じ力で体を押返してきます。

これを利用して下半身アッパーを行なうのです。

具体的にはトップオブスウイングからの切り返しで

右足に多く乗っている体重を地面に落とし込みます。

すると地面からの反動で押し返されて右足が伸びます。

これが体のターンを速くするのです。

地面の反発を使用できるようになれば、

回転のスピードが飛躍的にアップするので

必然的に飛距離が伸びます。

是非、試してください。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
飛ばせる体の使い方上半身ダウンブロー、下半身アッパーブロー
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!