股関節を正しく動かせば自然にヘッドスピードはアップする






ボデイターンの正体はヒップターンです

ゴルフスイングの基本は下半身リード、つまり飛距離アップできるかどうかは下半身の使い方次第です。

シャフトが地面と水平の小さなトップから、右脚を目標方向に倒してクラブを振る練習がお勧めです。

ちいさなトップとはいっても、下半身の形は通常のトップと変わりません。

右脚にしっかり体重が乗っている状態を作っておいて、そこから右脚を目標方向に倒し、それと共に右足かかとで地面を押し込みます。

すると股関節の運動がおこって体が自然にターンするのです。

この動きを覚えてしまえば手を使わずにボールを打てるようになります。

この水平のポジションからは手では振れません。

手で当てにいくことはできますが、それだとほとんどボールは飛びません。

下半身を使って体のターンを起こし、体についている腕が振られることによってクラブが振られるのです。 腕はエンジンにはならないってことです。

ゴルフスイングにおける体のターンの正体は何かというと実はヒップターンです。

お尻がターンすることによってに下半身がターンし、胴体につながっている腕が振られるのがスイングの仕組みです。

腕を振るから体がターンするのではありません。

是非試してください。

スポンサーリンク