次のショットは必ずナイスショットになると信じる

ポビー・ジョーンズは、

ゴルフは頭脳を働かせるゲームであると言っている。

彼はまた、「自信こそゴルフにとって最大の武器である」と言っている。

自分を信じることを「自信」という。

しかし、多くのゴルファーは自分を信じない。

ツアープロですらそうである。

どんな状況においても、

あるいはミスショットが連続しても次のショットは自分にとっての最高のショットになると

確信してアドレスに入る。

入れごろ、外しごろの2メートルのパットを連続して3回外しても、自分を信じるのである。

むしろ、「これだけ外したから次は絶対に入る」と自分に言い聞かせて自信満々で次のパットに臨むべきてある。

我々の脳は、あなたが思う以上にうまくできている。

落胆した時にはその機能が低下し、やる気に満ちあふれている時には、その機能が確実にアップする。

脳は、あなたの打ったショットのよし悪しなんて全く興味がない。

ただ自信の量に反応するだげてある。

ミスショットを連発しても、

次のショットは最高のショットになると信じてアドレスに入る。

そういう態度が、あなたのゴルフを劇的に進化させてくれる。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク