フェアウェイウッドのダフリの矯正

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェアウェイウッドのダフリ病の人には、

理屈抜きで、ティーアップして打ってみることをすすめます。

フェアウェイ ウッドを使うと、どう してもダフリが多い。

こういう人は、飛ばすことを考えて体を使いすぎています。

クラブを下ろしてくるとき、

左肩が上がりすぎたり開いたりして、

クラプへッドか早く落ちてくるからだ。

このフェアウュイウッドのダフリを直す練習は、

ティーアップをして打ってみることです。

この場合のティーの高さはドライバーのようなティーの高さでなく、

ショートコースで使うアイアンの低いティーの高さにします。

ただし、ティーアップしたとしても

ドライバーを打つ練習のように球を打つのではない。

この練習の大切なポイントは、ティーを払う感じで打つことにある。

すると、自然にヘッドをマットにすべらせる感覚がわかってきます。

このマットの上をすべらせる感覚がわかってきたら、

ティーアップをやめてマットの上に直接ポールを置いて打つ。

その際、試しにクラブを2~3センチ程度短く持っと振りやすくなります。

そして、まだミスショ ッ トが多いようならティーアップして打ちます。

この練習を繰り返しやってみると、

ダフリがやがて直ってくるし、

フェアウェイウッドは軽く打って飛距離が出ることもわかるはず。

是非、参考にしてください。