アプローチのダフリを防止する練習方法

アプローチのダフリは悔しいですね。

グリーンが目の前にあるのに「ザク!」となり、
ボールはグリーンに届かない。

アプローチのダフリを減らす簡単な方法が
ありますのでご紹介します。

アプローチが上手くなればスコアアップします。



アプローチのダフリを防止する方法

(1)AWやPWを使う

グリーン周りに来たらなにがなんでも
アプローチはSWを使うと決めていませんか?

アプローチに使うクラブはSWでもAWでも良いです。

花道であれば8番、9番、PWでも選択肢があります。

自分が打ちやすいクラブを使えば良いです。

SWに比べてロフトがすくないAWやPWは
ミスが少なく距離感もあわせやすくなります。

多少ミスショットをしてもSWに比べて
大きなミスになりにくいです。

アプローチに使うクラブとしてAWやPWも
選択肢に加えてみませんか?

最初は距離感がわからないために
AWやPWを使うことに抵抗があるかもしれません。

ラウンドで何回か使えばすぐに距離感がつかめます。

(2)ボールの位置をチェック

ダフリとはボールを打つ前に、
ボールの手前の地面を打っている状態です。

これはスイングの最下点がボールの手前にあります。

ボールを直接打つには、
ヘッド軌道の最下点よりも手前でボールを
とらえなければなりません。

アプローチでダフりやすいという場合、
重心位置よりも、ボールが左にある場合が殆どです。

アプローチでダフるなら、ボールを右に移動しましょう。
シングルゴルファーでさえ、
ボールの位置は気づかないうちにズレます。

アプローチでダフったら、
ボール位置をチェックしましょう。

打ち方は正しいのにボールの位置が悪くて
ダフるというケースは多いものです。

(3)ボールを上げようとしない

グリーンが目の前にあるとついついボールを上げたくなります。

すくい上げるようなスイングになりがちです。

すくい上げようとするとクラブヘッドが
ボールの手前に入りやすいので、

すくい上げる動きがダフリの原因になります。

ボールはクラブのロフトが上げてくれます。

自分で上げようとする必要がありません。

とは言っても、、、

慣れないうちは、
ボールを上げようとする動きが出てしまいます。

そこでオススメの方法があります。

ボールを高く上げずに、
低いボールを打つことを意識してボールを打ってください。

S/WやA/Wは低いボールを
打とうとしても結構、高く上がるものです。

ボールを上げようとしなくても、
クラブのロフトがボールを上げてくれます。

(4)ハンドファースト

インパクトからフォローにかけてクラブヘッドよりも手元を先行させましょう。

これはダフリの防止として効果的です。

「ハンドファーストの状態をキープする」ということです。

この打ち方はボールが低く出てスピンが掛かります。

また転がりが少ないのでキャリーの距離感が要求されます。

ハンドファーストをキープすると少しダフっても、クラブヘッドが抜けやすくなり大きな失敗を防げます。

(5)インパクトまでは頭を動かさない

インパクトの直前に頭があがると右肩が落ちやすくなります。

右肩が落ちるとダフリになります。

やはりボールを見続けることが重要です。

アプローチの練習にスコアアップの近道があります。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

アイアンをダウンブローで打ちたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

7番アイアンをダウンブローに打つ練習方法

是非、試してください。



スポンサーリンク