力まずに飛距離を伸ばすシンプルな方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛距離不足で悩んでいる多くの方が「グリップに力が入りすぎ」で飛距離を損しています。

飛距離アップのコツはいろいろありますが、スイングの意識をほんの少し変えるだけで
飛距離が伸びることも多いです。

飛ばそうとするほど、グリップに力が入ってヘッドスピードが落ちているのです。

では、グリップの力を抜きヘッドスピードを上げるにはどうしたら良いのか?

オススメのドリルがあります。

まずはドライバーでいつもと同じようにアドレスします。

アドレスした状態からクラブヘッドをボールの上まで浮かせます。

次に「ぶら~ん、ぶら~ん」と、ボールの上で素振りをし、徐々にグリップの力を抜いていきます。

ボールを打たないので、力を抜くことができます。

「これ以上無理!」というほどグリップの力を抜いて素振りをします。

グリップの力が完全に抜けたら、そのままボールを打ちます。

無駄な力が抜けた状態でボールを打てます。

グリップに力が入りすぎているなら、このドリルを行うと飛距離が伸びるケースが多いです。

シンプルですが、即効性の高いドリルですので、ぜひお試し下さい。

是非、参考にしてください。