どんなパットでも「入る」とイメージする!

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なかでも心の持ちようにもっとも大きく左右されるのがパッティングである。

プロでもアマでも、 優勝やベ ストスコアの更新がかかったパットはシビれる。

大叩きしたラウンドの後半は、集中力が切れて1メートルのパットを簡単に外す。

パッティングで最後にモノをいうのは、技術ではなく心に違いない。

では、パットを成功させるための心の持ちようとして、もっとも大切なものは何か?

それは、どんなパットも 「人る」 とイメージすることである。

たしかに、 20メートルもあるようなスネイク・ラインを1発で沈めるのは、

確率的にいってかなり低いのは事実だ。

しかし、 カップがボールと同じグリーン上に切ってある以上、かならずカップインするルートはある。

しかもそのカップの直径はボールの約2・5倍もあることを考えれば、そのルートは1本の細い線ではない。

ところが、多くのアベレージゴルファーは、

カップまでの距離が長くなればなるほど、

そしてラインが複雑になればなるほど、

入るような気がしなくなってくる。

そして、 ラインを読むことを途中であきらめ、「2パットでいけば御の字」と、距離を合わせようとする。

たしかに、パッティングではラインの読みより距離感の方が大切だが、だからといって「寄ればいい」と考えてストロークすると、これが思ったほど寄らない。

なぜなら、「寄ればいい」という考えでは、どうしても集中力に欠けるからだ。

集中力をフルに発揮するためには、

どんなに難しいラインでも、それを読みきろうとする姿勢が大切になる。

そのためには、「入る」というイメージが絶対に必要。

「入る」と思うことができるゴルフアーは必死になってそのラインを探そうとする。

このときのゴルファーの集中力はピークに達している。

集中力とは、「このパットが入る」と思わなないことにはフルに発揮されないのだ。

そもそも「どうせ入らない」と思ってパッティングしたのでは、ゴルフが少しも面白くない。

万が一入ったところで、それはまぐれでしかなく、思わずガッツポーズが飛び出すような快感もない。

まあ、それでもうれしいことはうれしいが、ガッツポーズがでないようなゴルフはつまらない。

すべてのショットやパットがこんなふうなら、ゴルフをやる意味がないし、当然ながらいいスコアだって望めない。

「どんなパットも入る」と思う。これは過信ではない。

ゴルファーがゴルファーであるための条件なのだ。

是非参考にしてください。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
どんなパットでも「入る」とイメージする!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!