パットのフォロースルーでヘッドを低くだす

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッドが低く出れば、フェースとボールの接触時間が長くなり、方向性が格段によくなり、狙ったところへ打ち出せます。

狙ったところや、思い描いたラインにボールを打ち出せれば、3バット防止に大切なことです。

そして、 フォロースルーでヘッドを低くだすことができれば、方向性が格段によくなるということなので、たとえフアーストパットが入らなくても、2パット目をラクに打っことができます。

狙ったところへ打ち出すには、

フォローでヘッドを低く出すことがポイントです。

低く出す意識やイメージを持ってストロークすると、うまくできるでしょう。

インバクトからフォローにかけて左肩が上がったり、打った後、ボールの行方をすぐに目で追ってしまうと体の左サイドが伸び上がって、ヘッドが急上昇するので注意してください。

ヘッドが急上昇するとフェースとボールの接触時間が短くなり、方向性に問題が出て、狙ったところへ打ち出すことが難しくなりますよ。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
パットのフォロースルーでヘッドを低くだす
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!