パットのフォロースルーでヘッドを低くだす

ヘッドが低く出れば、フェースとボールの接触時間が長くなり、方向性が格段によくなり、狙ったところへ打ち出せます。

狙ったところや、思い描いたラインにボールを打ち出せれば、3バット防止に大切なことです。

そして、 フォロースルーでヘッドを低くだすことができれば、方向性が格段によくなるということなので、たとえフアーストパットが入らなくても、2パット目をラクに打っことができます。

狙ったところへ打ち出すには、

フォローでヘッドを低く出すことがポイントです。

低く出す意識やイメージを持ってストロークすると、うまくできるでしょう。

インバクトからフォローにかけて左肩が上がったり、打った後、ボールの行方をすぐに目で追ってしまうと体の左サイドが伸び上がって、ヘッドが急上昇するので注意してください。

ヘッドが急上昇するとフェースとボールの接触時間が短くなり、方向性に問題が出て、狙ったところへ打ち出すことが難しくなりますよ。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク