フェアウエイウッドで上がるボールの打ち方




右足のかかとでボールを踏んで打つ

フェアウェイウッドでボールが上がらないという悩みを聞く。

上がらないだけでなく、ロフト(角度)のある5番ウッドでも引っかけて左へ行くという。

右足のかかとで別のボールを踏んで打ってみる。

この姿勢では左ウェイトのままでボールを打たなければならず、

自然にボールを上から叩く感じがつかめる。

フェアウェイウッドでポールが上がらないと悩む人がいる。

こういう人は、意識してポールを上から叩く練習をすることだ。

ポールを上から叩くのは、ポールを上から押しつぶす感じになり、

かえってポールが上がらないように思えるが、

じつはポールに逆スピンがかかって、かえって上がるものなのである。

上から叩く練習法は、右足のかかとの下にポールを入れて踏んで打ってみる。

この姿勢だと、どうしても左ウェイトのままでポールを打たなければならないので、

自然にポールを上から叩く感じがつかめるのだ。

ただ、この打ち方を極端にしすぎると、

前述したとおり、

逆スピンがかかりすぎてポールの力が上に上がろうとする力に変わり、

距離は若干落ちてくる。

しかし、まったくボールが上がらない人にとっては

うってつけの打ち方なのである。

また、この練習方法は、

実際のコースでの左足下がりのライでポール打つような場合の練習にもなる。

この打ち方を学んでおけば、

ロングアイアンでボールを上げにくい左足下がりのラインでも、

フェアウェイウッド7番とか5番で難なく打ちこなせる。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク