ドライバーの飛距離アップ練習方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイスショットが、案外飛距離が延びない原因はアドレス

体重のかけ方を左六分、右四分にすれば、クラブの始動に合わせて自然に体重が右に移動してトップも高くなり、飛距離アップにつながる。

体重を左―>右―>左と動かす。

多くのゴルフの教科書には、アドレスの際の体重のかけ方は、左四分、右六分と書かれている。

確かにポールが飛行する方向や落ちる位置がイメージできるかもしれないが、意識しすぎると右肩が下がりすぎてトップの位置が低くなりがちなので、思ったとおりの飛距離が出ない原因を作る。

アマチュアの多くの人は、このように右に体重を乗せてアドレスをしていると思うが、テークバックが窮屈な感じがしたら、次のアドレスに変えてみるとよいだろう。

最初に左に体重を多く乗せてみる。

つまり、左 (アドレス) →右(トップ) →左(インパクト)の体重移動にする。

いままでにない感覚でクラブが振れて、飛距離アップにつながるのである。

この左六分、右四分のアドレスは、多くのプロゴルファーが実践している。

心がけ次第で、毎日の通勤電車の中でも、バスを待つ間の停留所でも左→右→左と動かすだけで、十分に練習ができるのではないだろうか。

是非、スコアアップのためにこれを実践してください。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ドライバーの飛距離アップ練習方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!