パッティングの構え方の基本

肩と腕に余分な力を一切いれない

昔から
「パッティングにスタイルなし」、
つまり、パッティングの構えには、
こうでなければならないというものはないといわれてきた。

へっぴり腰たろうと、猫背たろうと、
あるいはストロークの軏道がアウトサイドインだろうと、インサイドアウトだろうと、要はインパクトのときにパターのヘッド(芯)がボールとスクエアに当たり、狙った方向にイメージ通りのスピードでボールが転がりさえすれば、その構えはいい構えなのだ。

但し、どんな構えであれ、再現性が高くなければ、安定したパッティングは望めない。

そのためには、やはり守るべき基本というものはある。

パッティングの構えで守るべき基本は、結果から考えてみればよくわかる。

パッティングの目的は、

狙った方向にイメージ通りのスピードでボールを転がすことにあるが、そのためには、なによりストロークがつねにスムーズにできなければならない。

インパクトで力が入ったり、

あるいは緩んだりするのはとてもスムーズなストロークとはいえず、これでは距離感も方向も悪くなる。

では、スムーズにストロークするための条件とは何かといえば、まずは肩と腕に余分な力が一切入っていないことがあげられる。

肘は曲げても、曲げなくても、どちらでも いい。

とにかく重力に逆らわす、振り子のように自然に腕が振れること。

これが自然なストロークというもので、

そのためには、

肩や腕に力が入ってはいては絶対にうまくいかないのである。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク