ドライバーのスライス矯正練習方法

右足の前に仮想ボールを置く

左足の前にある実際のボールではなく、右足の前に置いた仮想ボールを打つつもりでスイングをすると、ほとんどのゴルファーのスライスは直ります。

スライスが出る人は、左足かかと線上のボールに意識を集中しすぎ、叩かなくては、早く体重を左に移動しなくては・・・・、という気持ちがスイングに出るからです。

基本どおりにアドレスをし、基本どおり にスイ ングをしてもスライスが出るという人がいます。

こういう人は、早く右肩が出る、「突っ込んだ」ダウンスイングで、右から左へ体重の移動が早すぎるのが原因であります。

振り下ろすと同時に、上半身が左に動いて右肩がかぶさる形となり、そうするとクラブが振り抜けません。

これは左足かかとのラインにセットしたボールに意識が集中しすぎているのです。

こんな人は、左足の前にある実際のボールではなく、右足の前に仮想のポールを置いて打つつもりでスイ ングしてみます。

「右足の前をヒッティ ングポイントにしなさい」というと、体重の移動が難しいとか、すくい打ちのスイ ングになるのでは、と思う人もいるだろう。

しかし、ほとんどのゴルファーのスライスは、このスイ ングで直ります。

右足の前でイ ンパクトする意識を持っていると、ダウンスイ ングでも右肩はそのままの位置に残っていて、右足が軸足となって体重も左に動きすぎず、頭もテークバックの位置からずれず、ヘッドの振り遅れがなくなり、力強いスイ ングに変わってきます。

是非試してください。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク