狙ったところへボールを打ち出すには?






直線的に狙える仮想カップをつくる

バッティングで狙ったところに打っためには目標をしつかり設定することが大切です。

曲がるラインに対してカップを意識すると、ストローク中に体が動いたり、頭が上がったりして狙ったところに打てません。

曲がるラインに対して、

ポールからどのぐらいの強さで直線的に打てば入るかをイメージして仮想カップをつくります。

例えば下りのスライスラインだとします。

下りだから実際のカップより3カップ手前ぐらいの強さで打つ。

そしてスライスの曲がり幅はカップ一つ分としたときに、実際のカップより1カップ左、3カップ手前の位置に仮想カップをつくります。

そこに直線的に打って、あとは傾斜で情性で曲がって入る、という具合です。

その際、ボールから離れたところにフェースを合わせたりすると多少の誤差が生まれます。

さらに、インパクトの前に遠くにある目標を見ようとするため、フェースの向きが変わることもあるので注意しましよう。

そこで、アドレスしたときに視界に入るところに打ち出しの目印をつくります。

それに対してフェースをスクエアに合わせたら、そのままへッドを目印に向かって出していきましよう。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク