パッティングの距離感の磨き方

目標よりボール1個分、手前に止めるつもりで打つ

必然的にパターのヘッドを上げるスビードもゆっくりになり、インバクトの瞬間のカの調節で距離を合わせるようなことがなくなります。

パットの距離感は、

実戦の積み重ねでつかみ取るよりほかに方法はないと思うゴルファーが多くいます。

パットの練習、即、方向性を知る練習となってしまう。

しかし、方向性も大事ですが、距離感を養っておけば、カップに入るか、そばにつけられる確率が倍増されます。

その距離感を養うための、

トーナメントプロのみぞ知る練習の極意をご紹介しましょう。

それは、目標よりもポール1個分だけ前ににめる練習をすることです。

手前に止めるというこは、必然的にパターのヘッドを上げるスピードもゆるやかになり、インバクトの瞬間のカの調節で距離合わせするようなことはなくなります。

息を止めて20回ぐらい繰り返すと、かなり疲れはするが、パットの集中 を高める上で効果のある方法だ。

実戦では下りの速いラ イ ンのパットを打つ時に応用できます。

スタート前に練習グリーンでぜひやってみるとよいです。

カップまでの距離は5歩程度でよく、何回か打っていくうちに、そのコースのグリーンの速さがわかり、それに伴う距離感がつかめてくるはずです。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク