パッティングはコツが分かれば簡単に上達




パッティングは、スコアを縮めるための最適なショットです。

パット数がスコアに占める割合は非常に多く、

3パットを無くせば、スコアは簡単に5~6打縮まります。

パターはドライバーよりも使用回数が多いです。

多くのアベレージゴルファーの方は、

パッティングに練習時間を割きません。

ところが1ラウンド中のパターの使用回数は、

ドライバーよりもはるかに多く、

本来もっと練習や技術習得に時間をかけるべきです。



パッティングは闇雲に練習してもダメ!

1ラウンド中、ドライバーを使用する回数は基本的に14回。

短いミドルホールやロングホールで

ドライバー以外をティショットに使用する場合は、さらに回数は減ります。

一方パターは、ドライバーよりも数多く使います。

例えば 18ホールすべて2バットで回っても、36回使用します。

スコアのうちの「36」がバッティングです。

アベレージゴルファーの場合、

1ラウウンド中に、3パット、

さらにはそれ以上のパットを数回やってしまうケースが多く、

そうするとバット数だけで「40」を超えます。

使用回数か多いから上達次第で簡単にスコアアップできるのです。

そんなに重要なショットであるにも関わらす、

多くの方はバッテイングに練習時間を割きません。

14回しか使わないドライバーは

ヘトへトになるまで練習場で打ち続けるのに、

バッティングの練習はラウンド前に

せいぜい10分ほど、練習グリーンでポールを転がすのみ。

中にはコースにギリギリに到着し、

バッティングの練習をせずにラウンドするケースも見受けられます。

スコアアップのためには、

パッティングの技術習得にそれなりの時間をかけるべきです。

事実プロは、パッティングの練習に多くの時間を割きます。

とはいうものの、

闇雲に練習時間を増やしてもパッティングはうまくなりません。

「バッティングに形なし」と言われますが、それは正しくありません。

パッティングにも、上手くなるための形 (コッ) があります 。

もしあなたが

パッティングのコツを掴みたい!

と考えるのであれば、↓の練習方法がオススメです。

パッティング力を上げショートパットが決まり3パットがゼロ

応援しています。

スポンサーリンク