アプローチで、直接カップインを狙うにはどうすれ良いのか?

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シングルプレーヤーは、アプローチが上手です。

グリーン周りから、寄せワンや、直接カップインを狙ってきます。

アプローチ上達がスコアメイクの必須です。

今日のテーマは、

「低いアプローチでライン出しをしてカップインを狙う」です。

まず必要なのは「コレを入れてやる!」という気持ちです。

何となく打って、「入ったらラッキー」では駄目です。

素振りは、本番と同じふり幅、同じリズムで素振りをします。

素振りをするときのイメージの出し方は、 ボールが転がり、カップインするまでを
明確にイメージして素振りをします。

これでカップインをイメージしながら素振りをすることで、本番の精度が高まります。

究極はアプローチの精度をどこまで高めるかがスコアを伸ばすカギです。

アプローチで、直接カップインを狙うにはどうすれ良いのか?

それには、

「低いアプローチ」で「ラインを出す」を習得

まず必要なのは「コレを入れてやる!」という気持ちです。

何となく打って、

「入ったらラッキー」では駄目です。

クラブ選択ですが、アプローチに使うクラブは自由です。

S/Wで統一しても良いです。

8番アイアンで転がしても良いです。

大切なのは、

「状況にあわせて簡単な打ち方を選ぶ」ということです。

状況と自分の得意な攻め方を考慮して

「簡単な打ち方」を選びましょう。

カップインを狙うときは、可能な限り低いボールを打つのがオススメです。

カップインを狙うには、低いボールで「方向性」を出します。

グリッププレッシャーを強めにしてクラブの動きを小さくします。

ボールを「打つ」というより、「ラインに押し出す」というイメージがオススメです。

最後にアプローチの精度を高めるには素振りが重要です。

本番と同じふり幅、同じリズムで素振りをします。

「なんとなくの素振りが駄目」とは言いません。

ですが、本番の精度を高めるためには、本番とまったく同じスイングを素振りでも目指しましょう。

素振りをするときに、イメージが重要です。

ボールが転がり、カップインするまでを明確にイメージして素振りをしましょう。

カップインをイメージしながら素振りをすることで、本番の精度が高まります。

アプローチの精度をどこまで高めるか?

これがスコアを伸ばすカギです。

是非、参考にしてください。