素振りでアウトサイドインを防止してスライスを直し飛距離アップ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

殆どのゴルファーがゴルフをはじめた頃はスライスをしています。

私もゴルフをはじめた頃はスライスに悩んでいました。

スライスを直したことで、急にスコアが安定してゴルフが楽しくなりました。

スライスは飛距離が落ちるし、OBにもなりやすいです。

スライスを直せば、、、

・飛距離が伸びます

・ショットが安定し、OBも減ります

・当然、スコアも改善されます

実際、、、

スライスを直を直すだけでドライバーの飛距離は30ヤードは必ず伸びます。

第二打の番手も1から2番手下がるのでグリーンにオンする確率もあがります。

当然、スコアが改善されます。

スライスを直すのは、難しくはありません。
スライスの原因の多くは、

スイング軌道がアウトサイドインになるか、振り遅れによるよるものです。

素振りでアウトサイドインを防止してスライスを直す方法を紹介します。

素振りでスライスを直す方法

(1)ダウンスイングで目線を右下に落としたまま振り切る

ダウンスイングで右足の前にボールがあると思い、目線をボールより1m後方あたりに落としたまま振りぬきます。

この練習は振り遅れ防止のドリルになります。

(2)連続素振りをする

目線を右下に落とした状態で連続素振りをします。

目線を右下にすることで、通常よりもインサイド・アウトの軌道になります。

スライスの原因であるアウトサイドインの軌道を直すにはインサイド・アウトの軌道で素振りをするわけです。

スイングを直すときは通常よりもオーバーな動きをすれば効果があります。

(3)感覚を忘れないうちにボールを打つ

頭を残す感覚を忘れないように実際にボールを打ってみましょう。

いつもよりもボールが右に出ればOKです。

軌道は修正されていますので、フェースの向きやタイミングがあってくると
ドローボールになります。

ちょっとした意識の変化や、スイングの修正で直ることも多いです。

スライスを直すのは、それほど時間はかかりません。

もしあなたのショットがスライスをしているなら最優先でスライスを直すことをオススメします。

応援しています。