パットの距離感を養い、あなたのスコアをアップする方法




殆どのアマチュアは、

パットの練習量が不足しています。

だから、独学だろうが、プロに習おうがあなたが

パットの練習量を増やせば、スコアがアップします。

パットが上達するには、パットの距離感を養い、

3パットを減らすことです。

もしあなたも

3パットが減らないと

悩んでいるのであれば、この記事を参考にして下さい。



パットで大切な距離感を養う方法

(1)パットのリズムを一定にする

距離感を作るにはストロークのリズムを

一定にする必要があります。

長いパット、短いパットでもリズムは同じです。

ストローク幅がかわるだけです。

リズムを一定にすれば、

ストロークの大きさで距離感を出せます。

(2)芯で打たなければ距離感は当然出ない

パターの距離感があわない原因の多くは、

芯で打てていないからです。

練習グリーンで同じふり幅で3球ボールを打ってみます。

3球とも同じ距離を打てたなら距離感は良さそうですね。

同じふり幅でストロークをしているのに

距離がバラつくなら、芯で打てていない可能性が高いです。

その場合は、芯で打つ練習をしてから

距離感を養う練習をしましょう。

(3)自分なりの距離感の基準を持つ

距離感を作るには、練習グリーンで平らな場所を選び、距離を2メートルずつ打ち分ける練習をします。

ティーを2メートル間隔で挿して、それを目標にパットします。

2メートル、4メートル、6メートル、、、、、

と徐々に距離を伸ばして打ちます。

逆に、

6メートル、4メートル、2メートル、、、

と徐々に短くして打ちます。

最後はランダムに、

6メートル、2メートル、4メートル、、、

と打ちわけます。

このような反復練習をすると、距離感の基準ができます。

この練習はアプローチにも通用します。

当然距離は違いますけど。

距離感の基準があれば、

ロングパットで大きなミスはなくなります。

だから、あなたがパットの練習量を増やせば、スコアは必ず良くなります。

最近のグリーンは大型化しています。

20ヤード以上のロングパットが残ることも珍しくありません。

ラウンド前に20ヤード以上のロングパットも練習しましょう。

参考1:パットの距離感の磨き方

パットの距離感は、

実戦の積み重ねでつかみ取るよりほかに方法はないと思うゴルファーが多くいます。

パットの練習、即、方向性を知る練習となってしまう。

しかし、方向性も大事ですが、距離感を養っておけば、カップに入るか、そばにつけられる確率が倍増されます。

その距離感を養うための、

トーナメントプロのみぞ知る練習の極意をご紹介しましょう。

それは、目標よりもボール1個分だけ前に止める練習をすることです。

手前に止めるというこは、必然的にパターのヘッドを上げるスピードもゆるやかになり、インパクトの瞬間のカの調節で距離合わせするようなことはなくなります。

息を止めて20回ぐらい繰り返すと、かなり疲れはするが、パットの集中力を高める上で効果のある方法です。

実戦では下りの速いラ イ ンのパットを打つ時に応用できます。

スタート前に練習グリーンでぜひやってみるとよいです。

カップまでの距離は5歩程度でよく、何回か打っていくうちに、そのコースのグリーンの速さがわかり、それに伴う距離感がつかめてくるはずです。

参考2:パットの正しいアドレス

正しいアドレスアドレスした時、みぞおちに重心があり、体の重心はグリップエンドよりも高い位置が正解です。

重心がグリップエンドよりも低いとストロークするときに上半身がぶれやすくなり、重心がグリップエンドよりも高ければ、上半身の動きがうまく制限されて、ストロークが安定してきます。

もしあなたが

もっと3パットを減らしたい!

と考えているのであれば、↓の練習方法も参考にして下さい。

3パットが多い!パット数を減らしたいゴルファーへ
3パットが多い!パット数を減らしたいゴルファーへ
「あなたは今のパット数に満足していますか?」 パット数を減らしたいあなたへ 「3パットが多い!パット数を減らしたい」 ”入った”ではな...

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク