ロングアイアンの代わりにユーティリティを上手く使う

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーティリティユーティリティを上手く使えるとゴルフが簡単になりますが、

多くのゴルファーがユーティリティのボールの位置を

間違えています

■ユーティリティを使いこなすために、知っておくべきこと

(1)ユーティリティのボール位置

個人差がありますが簡単に言うと、

5番アイアンのボール位置を基準にして

微調整すればokです。

ユーティリティのボール位置を適正にすると

力強いボールを打てるようになります。

ボールは遠く、そして真っ直ぐ飛びます。

(2)ユーティリティは薄くターフをとっても良い

ユーティリティは、薄いターフが取れてもokだが、

アイアンのように無理にターフを取る意識は不要です。

それは、ユーティリティはフェアウェイウッドと

アイアンの中間のクラブだからです。

通常は3番ウッドは払い打ちで、ショートウッド、ユーティリティは

払い打ちか、少しターフを取る程度です。

ボールを上げようとしないで、

ダウンスイング、インパクト、フォローにかけて

左足に体重をしっかり乗せて打てば、

ボールはクラブが勝手に上げてくれます。

参考になれば幸いです。