ロングアイアンの代わりにユーティリティを上手く使う

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーティリティユーティリティを上手く使えるとゴルフが簡単になりますが、

多くのゴルファーがユーティリティのボールの位置を

間違えています

■ユーティリティを使いこなすために、知っておくべきこと

(1)ユーティリティのボール位置

個人差がありますが簡単に言うと、

5番アイアンのボール位置を基準にして

微調整すればokです。

ユーティリティのボール位置を適正にすると

力強いボールを打てるようになります。

ボールは遠く、そして真っ直ぐ飛びます。

(2)ユーティリティは薄くターフをとっても良い

ユーティリティは、薄いターフが取れてもokだが、

アイアンのように無理にターフを取る意識は不要です。

それは、ユーティリティはフェアウェイウッドと

アイアンの中間のクラブだからです。

通常は3番ウッドは払い打ちで、ショートウッド、ユーティリティは

払い打ちか、少しターフを取る程度です。

ボールを上げようとしないで、

ダウンスイング、インパクト、フォローにかけて

左足に体重をしっかり乗せて打てば、

ボールはクラブが勝手に上げてくれます。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ロングアイアンの代わりにユーティリティを上手く使う
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!