ドライバーで低いボールを打つにはどうすれ良いのか?




ラウンドをしているとドライバーで低いボールを打ちたい場面があります。

アゲンストの強風、打ち下ろしのホールです。

低いボールは飛距離が落ちやすいのですが飛距離を落とさない方法もあります。



ドライバーで低いボールを打つ方法

ドライバーの低いボールは風の影響を受けにくいです。

また打ち下ろしのホールでは地面に早く落ちるので、狙った場所にボールを打ちやすいです。

ただし、、、飛距離はボールのキャリーが少ないために距離が落ちやすいです。

飛距離を落とさないためにキャリーが少なくなる分をランで稼ぎます。

ポイントをご紹介します。

ティーアップを低くすると、打球は低くなりランが出なくなります。

これは、フェースの下でボールをヒットするとバックスピンが増えて、ランが減ってしまいます。

飛距離を落とさないためにはティーの高さはいつもと同じにします。

アドレス時のボール位置はやや右よりボール位置を通常よりボール1個分、右に移動します。

アッパーに打たないためです。

グリップを少し強めにする

ロフトを立てて打つことで低いボールを打てます。

ヘッドを走らせないようにいつもより、すこしグリップを強くし体の回転でボールを打ちます。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク