ゴルフの悪い癖を直せばゴルフが上達する

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフのスコアを崩す原因となる悪い癖

golfswing01たとえば、、、

・今のショットに集中せずに、前のホールのミスを悔やむ

・プレショットルーティンをしない

・ミスショットの後に愚痴を言う

・明確な目標を決めずに「とりあえずボールを打つ」

・風の強さ、向きを確認しないでショットする

・飛ばそうとして120%の力でスイングする

・気を抜いたプレーをする

など、、、あげればキリがありません。

悪い癖を直すことでスコアが良くなり、ラウンドをもっと楽しめるようになります。
ゴルフの悪い癖を直すと、、、

・スコアが良くなります

・大切な場面で実力を出せるようになります

・ゴルフが楽しくなります。

ゴルフの悪い癖を直して上達する方法

直したい癖をスコアカードにメモするだけで悪い癖が改善されます。

たとえば、

「ミスショットを打ったあとに愚痴を言う」

という癖を直したいなら、愚痴を言ったときに「ぐち」と書いて毎回チェックを入れて、回数を数えます。

ラウンドをするときは毎回チェックします。

すると、、、

癖を直そうと意識していないのに徐々に回数が減ります。

気づいたときには悪い癖は直っています。

愚痴を言う癖が直ると、プレーに集中できるようになり、一緒にプレーする人の気分を害さずにすみます。

結果としてスコアが良くなり、プレーも楽しくなるわけです。

アドレス時点での悪い癖

ショットを打つとき、アドレス時点でなにか不安を感じたのに、「まー、いいか」と打ってしまう。

違和感がある状態でボールを打つのはミスショットになる可能性が高いです。

大事な場面で、アドレスを仕切りなおせるように直すべき癖ですね。

是非参考にしてください。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ゴルフの悪い癖を直せばゴルフが上達する
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!