フルスイングをしないアイアンのコントロールショット

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9番アイアン以下のショートアイアンやウェッジは狙った場所に打つ重要なクラブです。

練習の半分は9番アイアンを打つとスコアが改善されます。

ショートアイアンでグリーンを外してしまう理由は、フルスイングをしているからです。

特に58度のウエッジでグリーン左に外すケースが多くないですか?

コントロールしたスイングはフルスイングよりも安定します。

では、ショートアイアンの精度を高めるにはどうしたら良いのか?

(1)左のグリップを少し強めにしてコントロールスイング

グリッププレッシャーを弱くすると
ヘッドが走りやすく、飛距離が伸びますが、
ショートアイアンは、距離のコントロールが大切なので
ヘッドを走らせる必要はありません。
右のグリップは当然弱く握ります。

少しだけグリッププレッシャーを強めにして、左の脇を締めて、体の回転でスイングをコントロールします。

方向と飛距離のブレが小さくなります。

(2)距離が安定する力感を知ることも大切

60%、80%、100%、120%・・・

というように力感を段階的に変えてボールを連続で打ってみます。

弱すぎても、強すぎてもボールは安定しません。

ショートアイアンでは常に一番安定するスイングをすることが大切です。

飛距離アップを目指すのは長いクラブです。

正しい練習をしていれば、安定したスイングでも飛距離は徐々に伸びます。

ショートアイアン、ウェッジで狙った場所に安定してボールを打てるようになると
スコアが良くなります。

是非、参考にして下さい。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
フルスイングをしないアイアンのコントロールショット
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!