シンプルで再現性のあるゴルフスイング

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これは吉本巧コーチのスイング動画です

吉本コーチは身長170cm、体重65Kgという平均的な体格ですが、最大飛距離340ヤードの飛ばし屋です。

飛距離が出るだけでなく、シンプルで再現性の高いスイングですので、練習量の少ないアマチュアが目指すべきスイングです。

●ドライバーショット正面(通常スピード)


ドライバーショット正面(スロースピード)

アイアンショット正面(通常スピード)

アイアンショット正面(スロースピード)

アイアンショット後方(通常スピード)

アイアンショット後方(スロースピード)

アイアンショット背後(通常スピード)

アイアンショット背後(スロースピード)

アイアンショット頭上(通常スピード)

●アイアンショット頭上(スロースピード)

理想のスイングをイメージすることは上達の近道

理想のスイングをイメージすることは上達の近道です。

スイングを始める前に、理想のスイングやボールの軌跡をイメージすることは 大切です。

理想のスイングをイメージすることで、自然にそのスイングに近づいていきま す。

ジャック・ニクラウスは著書『ゴルフ・マイ・ウェイ』の中でこのテクニック を使って史上最高のゴルファーになったと明かしています。

ニクラウスはショットの前に必ず、フォームのはじめから終りまでを心の中のスクリーンに映写していたといいます。