スイング中の「力み」を取り飛距離を伸ばす方法






スイング中に力んでしまう・・・

swingゴルフをしていれば、誰もが悩んだことがあるでしょう。

スイング中の力みは、あらゆるミスの原因になります。

たとえば、、、

・リズムが早くなる
・飛距離が落ちる
・方向性が安定しない
・打点が安定せず、ダフリやトップの原因になる

など、、、

「無駄な力み」をとれば、飛距離が伸び、ショットが安定します。

無駄な力みをとる方法を紹介します。

(1)目をつぶって素振りをします

目をつぶることで無駄な力みをとる効果があります。

目をつぶって素振りをしてからボールを打ちます。

素振りの感覚が消えないうちに、ボールを打ちましょう。

目をつぶって素振りをすると体の動きの細部を感じることができます。

力みを取ると同時に丁寧なスイングができます。

(2)その場で軽く「ぴょんぴょん」とジャンプする

緊張して「地に足がつかない」、という場合にも有効です。

アドレスの「重心が下がる」という効果も期待できます。

(3)肩を「スッと」落とす

力んでいるときは、肩に力が入りやすいです。

肩の力を抜いて、「スッと」下に落としましょう。

肩と腕から力が抜けていきます。

無駄な力は肩と腕に入りやすいのでオススメです。

(4)連続素振り

ゆったりとしたリズムで、素振りをします。

素振りをするときはグリッププレッシャーを極端に弱くしてします。

無駄な力が抜けてスイングがスムーズになります。

女子プロの多くの選手が連続素振りをしているのをTVでもみませんか?

(5)1本足で素振りをする

バックスイングは右足1本で立ち、ダウンスイングは左足1本で立ちます。

このドリルをすると下半身が動きやすくなります。

連続素振りと組み合わせることでスイングがスムーズになります。

(6)左手の片手素振りをしてからボールを打つ

リズムが早くなる人や、右手が強くなる人に最適です。

スイングアークが大きくなり、飛距離アップの効果があります。

(7)トップでクラブの重さを感じる

トップでクラブの重さを感じられない場合は、テイクバックのグリッププレッシャーが強い可能性があります。

この場合、大半がスイングプレーンから離脱しています。

グリップの握り方として10本の指全部を力を抜く方法があります。

私は左手の小指だけはグリップの力を抜きません。

トップでクラブの重さを感じられれば、切り返しも良くなります。

力みはあらゆるミスの原因になります。
いつもは普通にスイングできても、プレッシャーのかかる状況で「力み」は出てしまいます。
自分なりの「力み防止」の対処法を決めておくとスコアを崩さずにすみます。

スポンサーリンク