ミスショットから素早く立ち直ればスコアを崩さない




1度のミスショットでスコアがボロボロになる

ミスショットこれはゴルフをしていれば、誰もが体験したことがありますね。
ミスショットから素早く立ち直ればスコアを崩さずにすみます。

OBの場合、最低でもダブルボギーになり取り返しのつかないラウンドになってしまいます。

上級者の場合はバーディーで取り返すこともあるでしょう。

だが、アベレージゴルファーの場合はそうはなかなかいかない・・・・

では、ミスショットの後、



ラウンド中のミスショットから立ち直る方法

(1)ゆっくり丁寧に自分のペースでアドレスをする

ミスショットをして「調子が崩れる」というのは、アドレスが崩れているケースが多いです。

ミスショットをしてボールがブッシュの中とか林の中でボールをさがすのに時間が掛かる場合があります。

この場合、慌てて次のショットをしたりするとミスからミスの連鎖が発生する場合が多くなります。

ミスショットが出たときは、ゆっくり丁寧にアドレスをして下さい。

調子が悪い時こそ「ゆっくり丁寧にアドレスをしてみる」が大事です。

(2)スイングリズムを整える

調子が悪いときはリズムが早くなっている可能性が高いです。

「良いリズムは、スイングの悪い癖をカバーします」

リズムを整えるには素振りが一番です。

特にオススメなのが「左手一本で素振り」です。

左手一本で素振りをすると理想的なリズムにリセットできるというドリルです。

(3)ミスショットの悔しさをグッと堪える

だれでもミスショットをすれば熱くなりますが、私はジッと堪えます。

パートナーには失礼にならない程度に会話を抑えて自分のペースで2~3ホール進めます。

すると必ずナイスショットやナイスパットがでます。これで立ち直りです。

大切なのは、

「調子が悪くなったときに、立て直す方法を知っていること」

ゴルフはミスを如何にして減らすかのスポーツです。

完璧なプレーなんて、そもそも無理です。

米女子プロゴルフツアー5年連続、8度の賞金女王の世界最強女子プロ、アニカ・ソレンスタムが初めて語った言葉に、「ゴルフはいいショットばかりのゲームではありません。悪いショットのゲームもあります。ゲームの勝者は、悪いショットが一番少なかった人であり、悪いショッ トを最悪の結果につなげないように頭を使ってプレーした人なのです。」とあります。

自分の悪いパターンを知っておくと立て直すことが簡単になりますよ。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク