ドライバーが左右にバラついてしまう

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーが左右にバラつく原因は色々あります。

その中でも多いのが、テークバックで重心が右にずれて体が起き上がってしまったり、インパクトで体が起き上がるというものです。

これでは芯に当たる確率が下がり飛距離が落ちてしまいます。

重心移動とインパクトの起き上がりが防止しできれば、飛距離も伸びるしショットも安定します。

起き上がりを防止して、球筋を安定させるトレーニング法としては、腹筋と腹斜筋を鍛えることでアドレスで作った前傾姿勢(背骨の傾き)をキープできます。

 「腹筋」と「腹斜筋」を鍛えるトレーニング

腹筋と腹斜筋を鍛えるには、いろいろなトレーニング方法がありますが実践しやすいのが「クランチ」と「サイドクランチ」というトレーニングです。

トレーニングの方法についてわかりやすく説明している動画がありましたのでご紹介します。

クランチ(腹筋)

サイドクランチ(腹斜筋)

腹筋と腹斜筋を鍛えると前傾姿勢をキープしやすくなりショットが安定し、飛距離が伸びますよ。

クランチ(腹筋)

サイドクランチ(腹斜筋)

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ドライバーが左右にバラついてしまう
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!