ドライバーが左右にバラついてしまう




ドライバーが左右にバラつく原因は色々あります。

その中でも多いのが、テークバックで重心が右にずれて体が起き上がってしまったり、インパクトで体が起き上がるというものです。

これでは芯に当たる確率が下がり飛距離が落ちてしまいます。

重心移動とインパクトの起き上がりが防止しできれば、飛距離も伸びるしショットも安定します。

起き上がりを防止して、球筋を安定させるトレーニング法としては、腹筋と腹斜筋を鍛えることでアドレスで作った前傾姿勢(背骨の傾き)をキープできます。

 「腹筋」と「腹斜筋」を鍛えるトレーニング

腹筋と腹斜筋を鍛えるには、いろいろなトレーニング方法がありますが実践しやすいのが「クランチ」と「サイドクランチ」というトレーニングです。

トレーニングの方法についてわかりやすく説明している動画がありましたのでご紹介します。

クランチ(腹筋)

サイドクランチ(腹斜筋)

腹筋と腹斜筋を鍛えると前傾姿勢をキープしやすくなりショットが安定し、飛距離が伸びますよ。

クランチ(腹筋)

サイドクランチ(腹斜筋)

スポンサーリンク