ヘッドスピードと飛距離の関係

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子プロのヘッドスピードはそれほど早くないけど、かなりの飛距離を出しているのは、ミート率が良いからだと言われています。

闇雲にヘッドスピードを上げるためのトレーニングだけに固執するのではなく、ミート率を良くしたほうが飛距離アップにつながります。

ヘッドスピードと飛距離の目安について

ヘッドスピード × 6 = トータル飛距離(キャリーとラン含む)

ヘッドスピード × 5.5 = キャリーの飛距離(ランは含まない)

と言われています。

ヘッドスピード39m/sなら234ヤードの飛距離をだせるわけです。

ヘッドスピード45m/sなら270ヤードの飛距離をだせるわけです。

飛距離を伸ばす3つの要素

・ボールの初速
・打ち出し角度
・バックスピン量

この3つが最適な値なら、ヘッドスピードはそのままで

最大の飛距離をだせるわけです。

飛距離をだす効率の良さの目安として「ミート率」という数値があります。

(ミート率) = (ボール初速) ÷ (ヘッドスピード)
(飛距離)=(ボール初速)× 4

という関係にあります。

プロとアマチュアはミート率が違う

「なぜ女子プロはヘッドスピードが遅いのに飛ぶのか?」

「なぜ男子プロは300ヤードも飛ばせるのか?」

その秘密は「ミート率」にあります。

ちなみにアマチュアとプロのミート率を比べると次のようになります。

・アベレージゴルファー 1.3

・シングルプレーヤー 1.4

・プロゴルファー 1.4~1.5

あなたの飛距離はまだのばせます!

では、あなたのミート率がどのくらいなのかチェックしてみてください。

(1)ミート率が1.3なら

39m/s×1.3(ミート率)×4=203ヤード

40m/s×1.3(ミート率)×4=208ヤード

になります。

(2)ミート率が1.4なら

39m/s×1.4(ミート率)×4=218ヤード

40m/s×1.4(ミート率)×4=224ヤード

になります。

あなたが飛距離を伸ばすのにやるべきことは、、、

もしあなたのミート率が1.4に近いなら飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げるしかないです。

もしあなたのミート率が1.3かそれ以下なら飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げるより、

ミート率を高める方が近道です。

多くの場合、ヘッドスピードを上げるよりも、ミート率を上げる方が飛距離アップの近道です。

飛距離を伸ばす方法はいろいろありますが、

大切なのは、

「あなたの飛距離はまだまだ伸びる!」

「飛距離不足を感じている人ほど、伸びしろが大きい」

ということです。

おそらく、ヘッドスピードは今のままでも20~30ヤードは飛距離を伸ばせるでしょう。

ヘッドスピードが限界に達しているアマチュアは少ないのでヘッドスピードを伸ばせる可能性も高いです。

もし、あなたが飛距離不足に長年悩んでいるとしても、まだまだ飛距離は伸ばせるワケです。

是非、参考にしてください。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ヘッドスピードと飛距離の関係
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!