あなたに最適なスイング理論の選び方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマチュアの方の悩みの声で一番多いのが、「今の自分のスイングが本当に正しいか?」という悩みです。

・スライスするのは今のスイングが間違ってるからか?

・飛距離を伸ばしたいが、いい方法がないか?

・あの新しいスイング理論はどうか?

・とにかく曲がらずまっすぐ飛ぶ方法はないか!

このような悩みが多いです。

世の中にはスコアアップ法やスイング法に関して様々な理論があります。

「●●がいいらしい」
「●●●をすると曲がらないらしい」

などなど・・・

1つだけハッキリしたことが言えます。

それは、「スイング本質」を正しく理解しないと、どんなに練習量を増やしてもゴルフは上手くなりません。

ましてや飛距離アップは二の次です。

「スイングの本質」とは、プロもアマチュアも本質は何も変わりません。

スイングの本質を理解したうえで、初めてあなたの体格や骨格、パワーに合わせたオリジナルのスイングを作り上げていくものなのです。

柱を組まなければ、家が建たないように、スイングにも「柱=軸」が必要なのです。

アレンジや、新しいスイング理論はそれからです。

レッスンプロによって理論が違う?

もし、あなたが過去にレッスンを受けた経験がある、あるいは今現在レッスンを受けているのであれば、こんな疑問を抱いたことはありませんか?

「レッスンプロによって言うことがみんなバラバラ・・・」

「一体何を信じたらいいのか・・・」

レッスンのメリットは、

あなたが今抱えているスイングの疑問を直接聞くことができ間違ったスイングをその場で矯正してもらえることです。

自分自身で自分のスイングを客観的にチェックすることは難しいのでレッスンはとても価値あるものだと思っています。

しかし、デメリットとしては、レッスンプロによって「視点」「教え方」「理論」が異なるということです。

例えば、あなたがドライバーでスライスするクセを直したいと質問した場合、このように、1つの問いに対して、その答えは十人十色。

これでは、

レッスンを受けてから2カ月経つのにまだスライスする・・・

上手くなってる実感がないし、スコアも伸びてない・・・

このまま教えてもらっていても上手くなるのか不安・・・

と、努力と時間、高額なレッスン費用がかかった割には全く進歩がなかった・・・という

非常に効率の悪い道を進んでしまう恐れがあります。

確かに知識や経験も豊富なレッスンプロは大勢います。

しかし、「最短距離でゴルフを上達させる」というあなたの目標に対して「知識を増やし理論を学ぶ」ことは、最終ゴールではありませんよね?

ですから、まずはスイングの本質となる軸を中心としてスイングできているかどうかです。

どんなに目新しい理論が生まれようと、「正しいスイングでボールをまっすぐ遠くへ飛ばす」

という本質部分は昔も今も変わらないのです。

世の中には、スイング理論が沢山ある

一軸スイング理論、二軸スイング理論、クォーター理論、4インスタンス理論、Aスイング理論、スタック&チルト理論、などなど・・・。

スイング理論はたくさんあり、どれを学んでも良いですが、選び方が重要です。

「あなたに最適なスイング理論」はあると思います。

ですが、「どのスイング理論が正しいのか?」という議論はあまり意味がないです。

スイング理論もバラバラです、スイング理論に絶対の正解は無いわけです。

ただ、あなたとの相性が合えばその理論があなたにとって正解なのです。

では、どのスイング理論を学ぶべきか?

「評判の良いスイング理論」が必ずしも、あなたに相応しいとは限りません。

ポイントは、

あなたがそのスイング理論をわかりやすいと感じるか?

あなたがそのスイングを身につけたいと思うか?

どんなスイング理論でも自分が理解してその理論を習得できれば上級者に必ずなれます。

早く自分に合ったスイング理論に出会うことです。

(1)そのスイング理論をわかりやすいと感じるか?

大切なのは、あなたが、そのレッスンがわかりやすいと感じるかです。

レッスン書、DVD、レッスンプロからゴルフを習ったときに、

「お!そういうことか!」

「理にかなっている!」

「未知な世界を発見した!」

と、直ぐに理解できれば、「わかりやすい」ということです。

内容は正しくても、わかりにくいレッスンもあります。

大切なのは「あなたがわかりやすいか?」です。

(2)そのスイングを身につけたいと思うか?

そのスイング理論を実践している、プロやコーチのスイングを見て、このスイングを身につけたいとあなたが感じるなら、そのスイング理論はあなたにあっている可能性が高いです。

このプロの成績は良いけど・・・なんかスイングは嫌だな・・・

例えば、

バックスイングを極端にインに引いている日本のトッププロ!

トップでブルブルと震えて切り返している日本のトッププロ!

とあなたが感じるなら、どんなに成績の良いプロが実践していても、、、

そのスイング理論は、あなたが取り入れることができないでしょう。

せっかく、時間をかけて練習をするのですから、こんなスイングができたら心から嬉しい」と感じるスイング理論を学びましょう。

そして、「どんなスイングを身につけたいか」を明確にすることが大切です。

あなたは、どんなスイングを目指していますか?

あなたにあっているスイングが必ず見つかります。

是非、試してみてください。

スポンサーリンク
あなたに最適なスイング理論の選び方
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク