ダウンブローを身につける簡単ドリル






ダウンブローを身につけたい!!

ダウンブローとはスイングの最下点に達する前にボールを捉える打ち方です。

ダウンブローに打つことで、トップやダフリに悩まずにすみ、飛距離が伸びます。

ダウンブローの最大の利点は飛距離が安定します。

アッパーブロー(すくい打ち)が駄目な理由

「アイアンでボールを上げたい」という意識があるとアッパーブロー(すくい打ち)になりやすいです。

アッパーブローとはスイングの最下点を過ぎてからボールを打つ動きです。

アッパーブロー(すくい打ち)は、ダフリやトップになりやすくロフトが寝るため飛距離がおちます。

ダウンブローを身につける簡単ドリル

(1)練習マットの下にボールをはさむ

練習場のマットの右端に、2つほどボールをはさみます。

するとマットの右端が高くなった状態で緩やかな傾斜ができます。

(2)ボールをマットの平らな部分に置く

マットの右側は高くなりますがマットの中央や左側は平らです。

平らな場所にボールを置きます

(3)通常通りにボールを打つ

通常どおりにボールを打ちます。

右側が高くなっているので、心理的にアッパーブロー(すくい打ち)を防止できます。

簡単な方法ですので練習場でお試し下さい。

ダウンブローに打てると

・トップやダフリに悩まずにすみます

・飛距離が伸びます(1番手以上伸びることも多いです)

・最高に気持ち良い打感でボールを打てます

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク