パターが上達するテンポ(振り子のリズム)の作り方




パターをパチンと打ってしまい、大オーバー!!

あなたもこんな経験ありなせんか?

パターで多いミスは「打ち急ぎ」です。

パターの打ち急ぎは距離感があわなくなります。

3パットになり、誰もが体験したことがあるでしょう。

距離感がないと3パットが簡単に出てしまいます。

パットのテンポが安定すると軌道もフェース面も安定します。

ロングパットの距離感が良くなり、ショートパットは入りやすくなります。

距離感を良くするにはコツがあります。



パターが上達するテンポの作り方

パットのテンポを安定させる簡単な方法があります。

(1)パターのテンポは振り子(慣性)と同じ

パターを振り子のテンポで打つと距離感が安定します。

最近のマレットタイプのパターはヘッドが重いので振り子をイメージしやすいでしょう。

振り子のテンポを体感するには、パターのグリップエンドを指でつまみ、親指と人差し指の2本でグリップの先をつまみ、グリップエンドを支点にパターヘッドがユラユラと揺れます。これが振り子のテンポです。

(2)パターが苦手な人はテンポが早いという共通点があります

バックスイングもダウンスイングも早すぎます。腕や手の力を使って無理に加速をさせています。するとロングパットの距離感が生まれません。フェース面がズレるためショートパットも外しやすいです。

松山秀樹のパットは振り子のテンポですね。ゆっくりとした、振り子のリズムでパットをストロークします。無理やり自分でパターを動かすのではなく、重力にまかせてストロークします。

(3)ロングパットとショートパットを交互に打つ

ロングパットとショートパットで距離によってテンポが変わると距離感が安定しません。ロングパットとショートパットを交互に打つドリルがオススメです。

1mと5mを同じテンポで打つ練習をします。

練習にはボールを4つ使います。

1m、5m、1m、5mと順番に打ちます。

ここで重要なのは、同じテンポでポン、ポン、ポンと打ち続けることです。ストロークのふり幅やボールの初速で転がる距離感を体感できます。パットのテンポがいつも同じになり距離感が良くなりす。

(5)安定したリズムは練習で身に付ける

パターのリズムを整える練習は自宅でもできます。ラウンド時にリズムを意識するのも良いですが、できれば普段の練習でリズムを安定させましょう。パットのリズムはいつも同じです。

パッティングで重要なことは、無意識にできるようにしておく

これが理想です。

パッティングがシンプルになり、パット数を減らせますよ。

もしあなたが、

ショートゲームを磨きたい!

と考えているのであれば、↓の練習方法がオススメです。

グリーン周り寄せるアプローチ・入れるパター練習法

是非、お試しください。

スポンサーリンク