パターのラインは仮想カップを想定して決める




パッティングラインパターの調子が良いとラウンド全体のリズムが良くなり、

スコアが良くなります。

パターのグリップやリズムなどは人それぞれで良いのです。

しかし、絶対にしてはいけないことがあります。

パターが苦手という人ほど、この間違いをしています。



パターで絶対にしてはいけない間違い

それは狙いを曖昧にしたままアドレスに入ること。

グリーンの傾斜を読んでいると、曲がり幅に悩むことがあります。

「うーん、カップ1個分か、2個分切れそうだな・・・」

「だいたい、あの当たりに打とう」

パットに関しては「あのあたりに打とう」という曖昧な判断はだめです。

「どのくらいの早さで、どのくらい曲がるのか?」

必ず、アドレスする前にカップインを明確にイメージしてからアドレスに入りましょう。

判断に迷っても「決め打ち」しましょう。

パットのラインを明確にしないと、、、

傾斜の読みが間違っていたのか?

正しいストロークができなかったのか?

外した時に理由がわからず混乱するだけです。

打とうとするラインを明確にすることでカップを外した理由が明確になります。

パッティングの結果がフィードバックされます。

それにより確実に上達できます。

目標が曖昧だと結果が必要以上に気になります。

その結果、アドレスで微調整したり、ヘッドアップをしたり、
リズムがいつもと変わったり。何も良いことはありません。

目標を明確にすれば、いつもと同じようにストロークできます。

パッティングの狙いを明確にする方法として、 オススメなのが、「仮想カップを想定する」という方法です。

仮想のカップをイメージすることで目標が明確になり、ストロークが崩れることを防止できます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク