シニアゴルファーが飛距離を伸ばす方法




もしあなたが、

年齢をかさねることで飛距離が落ちてきたとお悩みなら

シニアゴルファーには若い人とは違う、体の負担を少なくした飛ばしのコツがあります。

それには、無理に飛ばそうとしないことです。

無理に飛ばそうとするとスイングのバランスを崩してしまいます。



シニアゴルファーの飛距離アップのコツ

シニアゴルファーが飛ばそうとすると、、、

・体重移動で軸がブレるスウェーになりやすい

・腕を無理に上げようとして、体が起き上がり前傾が崩れる

・腕に力が入りアウトサイドインの軌道になってしまう

・結果として、左足1本で立ったフィニッシュがとれない

など、、、

無理に飛ばそうとせずに、リラックスして、少しだけ工夫をして飛距離を伸ばします。

(1)テークバックを低く、飛球線後方にできるだけ遠くに引く

体が固くなるとバックスイングが小さくなりがちです。

バックスイングが小さくなると腕を加速するスペースが小さくなり飛距離が落ちてしまいます。

あとはいつもどおりにスイングします。

スイング軌道が大きくなり、飛距離が伸びます。

(2)右手の力を抜く

飛ばそうとすると腕に力が入りやすいです。

特に右腕に力を入れるのはダメです。

アウトサイドイン(カット軌道)になりやすく、スライスになりやすいです。

スライスしやすい場合は、

右腕に力をいれない」が大切です。

右腕は完全に脱力

左腕1本でスイングする

(3)アドレスで右足を少し後ろに引く

テークバックで肩の回転を深くすると飛距離が出やすいです。

体が固くなると肩の回転が不足しがちです。

アドレスで右足を少しだけ後ろに引くとバックスイングで体が回転しやすくなります。

クローズドスタンス」と呼ばれる状態です。

ただし肩のラインはターゲットラインと並行にしましょう。

肩のラインがターゲットラインに並行ならショットの方向性は安定します。

(4)スタンスの広さは肩幅程度まで

飛距離を伸ばそうとするとスタンス幅を広くしたくなります。

スタンスを広くすると肩の回転が難しくなります。

スタンスを広げすぎないようにしましょう。

個人差がありますがスタンスの広さは肩幅程度が目安です。

(5)柔らかいシャフトを試してみる

柔らかいシャフトはしなりやすくなります。

しなり戻りを利用することでヘッドスピードを早くなる可能性があります。

クラブの重さが軽くなるとスイングにも影響があるのでシャフトを軽くするのは慎重に行って下さい。

この5点を実行するだけで10ヤード以上は伸びる可能性が高いです。

飛ばしのセオリーは、下半身の動きをおさえて、上半身のバックスイングを最大にして飛ばすです。

もしあなたが、

もっとドライバーを飛ばしたい!

と考えているのであれば、↓の練習方法が絶対オススメです。

体が硬くても、体が回らなくても飛ばせる
体が硬くても、体が回らなくても飛ばせる
カンタン飛距離アップ法 スイングはたったの2秒。アレもコレもと考えいるヒマはありません。グリップが出来れば、スイングのポイントはたったの3つ。今でも試合で250ヤード以上かっ飛ばす「大古プロの飛ばしの奥義」!

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク