ジョーダンスピースのクロスハンドグリップを試してみる!

crosshand

一般的なパッティンググリップは左手が上ですが、クロスハンドは右手が上です。

クロスハンドの利点としては、

・フェース面が安定し、方向が安定する

・手首が固定されてプレッシャーに強くなる

・両肩が地面と平行になり、スクエアなアドレスをしやすい

など、など、多数あります。

もしあなたがパットが安定しないのであれば、試してみる価値は十分にあります。

クロスハンドのメリット

(1)両肩が地面と平行になりスクエアなアドレスをしやすい

通常のグリップの場合、右手が下になります。

グリップ位置が左側にあり、さらに右手が下になるため、右肩が下がりやすくなります。

右肩が低くなるので、体の軸が右に傾きやすくなります。

肩が傾くので、頭が傾きやすくなります。

頭が傾くと平衡感覚が狂いやすくスクエアなアドレスをしにくくなります。

クロスハンドグリップの場合は右手が上になるので、地面に対して両肩を平行にしやすくなります。

肩と地面が平行なので、
平衡感覚が狂うこともなくスクエアにアドレスをしやすくなります。

(2)手首が固定されてプレッシャーに強くなる

クロスハンドグリップは手首が固定されます。

手首や指先の小さな筋肉を使いにくくなります。

「コレが入れば、バーディー!」

というような緊張する場面になると小さな筋肉は敏感に反応します。

パンチがはいったり、インパクトで緩むという原因になります。

手首を固定すると、背筋の大きな筋肉を使ってストロークができます。

大きな筋肉はプレッシャーの影響を受けにくいです。

そのため、プレッシャーのかかる場面でもいつもと同じストロークができるのです。

(3)フェース面が安定し、方向が安定する

手首が固定されるので、フェース面が安定します。

パットの方向性を決めるのはストローク軌道よりもフェースの向きです。

フェース面が安定するので方向性が安定します。

グリップは、両手の間隔を離すほどフェース面が安定します。

パットはスコアアップのカギです。

もしあなたが「パットの方向性が安定しない」

緊張するとパンチがはいったり、インパクトで緩むと悩んでいるなら、試す価値は十分にありますよ。

是非、お試し下さい。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク