パターのストロークを安定させる打ち方




緊張する大事なパットで、インパクトでパンチが入り、

大オーバーしたり、逆にオーバーが怖くなり、

インパクトで緩みショートした経験はありませんか?

実は、、、

「パットのインパクでパンチが入る」

「パットのインパクトで緩む」

を同時に解決する方法があります。



ストロークを安定させる打ち方

(1)手や腕を使い過ぎない

パターが苦手な方は手や腕を使いすぎています。
手や腕の小さな筋肉は繊細です。
緊張した状況で敏感に反応します。

インパクトでパンチが入ったり、緩んだりします。
パッティングで手や腕を使うと緊張する場面になればなるほど距離感が狂いやすくなるのです。

(2)プロは背中の筋肉でパットをしている

ではパターが上手い人は手や腕ではなく、どこの筋肉を使っているのでしょうか?

実は、、、
肩や背中の筋肉を使ってパットしています。
背中や肩という大きな筋肉は緊張していても影響を受けにくいのです。

そのため、プレッシャーに強いパッティングができます。
大きな筋肉を使うと距離感が安定するだけでなくプレッシャーにも強くなるのです。

(3)背中と肩の筋肉を使うドリル

ではどうすれば、肩や背中の大きな筋肉を使ってパットをできるのでしょうか?

ストロークを安定させるために定番のドリルをご紹介します。

・アイアンを一本用意します。

・シャフトを両脇にはさみます
(胸と腕の間にはさみます)

・その状態でストローク式でパットします

腕や手がロックされるので肩や背中の筋肉を使いパットをする感覚を体感できます。

肩や背中の大きな筋肉を使ってパットをするので、プレッシャーがかかった場面でも、インパクトが安定します。この感覚が正しいストロークです。

もしあなたが
「インパクでパンチが入る」、「インパクトで緩む」
とお悩みならお試し下さい。

今回のドリルで、肩の動きと、パターヘッドの動きが完全に連動していることを体験してください。

ストロークを安定させる練習法がここにもある!

パッティング力を上げショートパットが決まり3パットがゼロ
パッティング力を上げショートパットが決まり3パットがゼロ
ボールの芯でパターをセットするいい方法があります。 最初のポイントは、手首です。 手首を使いすぎてしまうと、フェイス面の向きが不...

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク