スイングが安定するグリップのV字とは?




グリップを少し直すだけでショットが安定し、飛距離が伸びることも多いです。

■スイングが安定するグリップのV字

「右手のV字は必ずしめる」

右手の親指と人差し指の間が大きく開かないようにします。
右手親指の腹と人差し指の内側でクラブを挟むように握ればokです。

V字がしまっていないと、、、
トップでクラブがグラグラと動きます。
すると、ショットが不安定になりますし、飛距離が落ちてしまいます。

V字をしめることでトップが安定し、飛距離が伸びて、方向性も安定するわけです。

■飛ばすグリップはストロンググリップ

右手の親指と人差し指の付け根で「Vの字」ができます。
その「Vの字」が右肩を指していることを確認してください。

今はV字が右肩を向くストロンググリップが主流です。

ストロンググリップは無駄な手首の動きを抑えて、且つ、飛距離が伸びて、方向性が安定します。

スライスに悩んでいる方は右手のV字がアゴをさしているケースが多いです。
ほんの少しストロングにするだけでスライスが直ることも多いです。

* * *

グラブの進化により理想とされるスイングは徐々に変化しています。

しかし、右手のV字は昔から世界中のゴルファーが採用してきました。

今もその重要性は変わりません。

それはグリップのV字がゴルフにおいてとても大切だからです。

この機会に

「右手のV字が緩んでいないか?」

「右手のV字が向く方向がずれていないか?」

チェックしてください。

「基本を常にチェックする」はゴルフ上達への近道です。

応援しています。

スポンサーリンク