パットの芯で打ち距離感をあわせる練習法




もっとも簡単に、

素早くあなたのゴルフスコアをアップする方法は、パット数を減らすことです。

パット数を減らすにはパットの距離感を養えば3パットを減らすことができます。

距離感を作るにはストロークのリズムを一定にする必要があります。

長いパット、短いパットでもリズムは同じで、ストロークの幅がかわるだけです。

リズムを一定にしてストロークの大きさで距離感を作ります。



芯で打てば距離感があう

パターの距離感があわない原因の多くは芯で打てていないからです。

練習グリーンで同じふり幅で3球ボールを打って、3球とも同じ距離を打てるならまずはokです。

同じふり幅でストロークをしているのに距離がバラつくなら、芯で打てていない可能性が高いです。

その場合は芯で打つを練習してから距離感を養う練習をしましょう。

距離感は自分なりの基準です

距離感を作るには、距離を2メートルずつ打ち分ける練習方法を取り入れてみてください。

練習グリーンで平らな場所を選び、ティーを2メートル間隔で挿していきます。

それを目標にパットします。

2メートル、4メートル、6メートル、、、

と徐々に距離を伸ばして打つ。

逆に、

6メートル、4メートル、2メートル、、、

と徐々に短くして打つ。

最後はランダムに、

6メートル、2メートル、4メートル、、、

と打ちわける。

このような反復練習をすると、
距離感の基準ができます。

自分なりの距離感の基準があれば、
ロングパットで大きなミスはなくなります。

ラウンド前に20ヤード以上のロングパットも練習しましょう。

最近のグリーンは大型化しており20ヤード以上のロングパットが残ることも
珍しくありません。

ラウンド前に少しでも練習しておけばノーカンパットを防げます。

芯で打つにはアドレスがとても重要!

パッティングは体力や筋力は関係ない。

小さな子供でも大人に挑める。

反面、1mでも絶対に入るとは限らない。

パット数を減らすには正しいアドレスが大切です。

正しいアドレスを知ると、

・パットの上達が早くなります
・狙った方向にパットを打てるようになります
・芯で打てるようになり、距離感もあうようになります

当然、スコアが良くなります。

パットのアドレスは人それぞれに流儀があり自由度が高いですが、守らないといけないポイントが幾つかあり、中でも重要な3つをご紹介します。

この3つが出来ていないためにパット数が減らないと悩んでいる方は多いです。

(1)肩のラインを目標方向と平行にする

両肩の向きはボールの転がる方向に大きな影響を与えます。
スタンスはオープンでも良いですが、肩のラインは目標方向と平行にしましょう。

「パットはスタンスの向きより、肩のラインが大事」

肩のラインが大事を理解できれば、この記事を読んだ価値があります。

(2)両目の高さを揃える

意外に思うかもしれませんが、これも大切です。

人間の体は、意識していないのですが、どちらかに傾いているケースが多いです。

左目より右目が低いとパターのストロークがインサイドアウトの軌道になりやすいです。
右方向に押し出してしまうのです。

右目より左目が低いとパターのストロークがアウトサイドインの軌道になりやすいです。
左に引っ掛けやすくなります。

「パットは両目の高さを揃えましょう」

狙った方向に打ちやすくなります。

(3)ボールは目の真下

ボールの位置がずれると狙った方向に打てなくなります。

「パットをするときは、ボールは目の真下」

パットが不調になったときに、絶対に確認すべきポイントです。

パットのアドレスについて、
肩のライン、両目の高さ、ボールの位置は
パットを上達するために必須事項です

もしあなたが、

パットの距離感を身に付け3パット減らしたい!

と考えているのであれば、↓の練習方法が参考になります。

パッティング力を上げショートパットが決まり3パットがゼロ
パッティング力を上げショートパットが決まり3パットがゼロ
ボールの芯でパターをセットするいい方法があります。 最初のポイントは、手首です。 手首を使いすぎてしまうと、フェイス面の向きが不...

応援しています。

スポンサーリンク