一番練習が身になるのは「ラウンド直後」です。




ウンドの前日などの練習では明日のラウンドに向けてスイングの調整がメインになります。

「フォーム作り」や「スイングのレベル向上」というよりも、「明日のラウンドに向けてのスイングの調整」が最重要課題になります。

ラウンド直後というのはその日のラウンドより反省する点が明確で何が悪かったかがはっきりしています。

練習に具体的な課題を持って臨むことができます。

その日のラウンドで悪かったこと、うまくいかなかったことがはっきりしており、「何を練習するべきか」が明確です。

また、ラウンドの直後というのは「頭」と「体」がゴルフモードになっています。

技術習得の吸収力が非常に強い時間帯です。

ラウンド後というのはゆっくり休みたいものですのでなかなか練習したくないかもしれません。

そこを頑張って、ラウンド後に練習場へ足を運んでみて下さい。

今までとは違うレベルに進めますよ。

ゴルフを上達するには練習量を増やす必要があります。

しかし練習量と同じくらい「練習の質」を高める工夫は大切です。

スポンサーリンク