シャンクを直す簡単な練習法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャンクを直すには、どうすれば良いのか?

シャンクにはいくつか原因があります。

・ボールと体が近すぎる

・ボールと体が遠すぎる

・ダウンスイングで右膝が前にでる

など、、、他にもいくつか原因があります。

アイアンのシャンクにはフェースの先にあたるケースと
ヒールにあたるケースがあります。

今日はヒールに当たるシャンクを直す練習方法を紹介します。

ヒールにあたるシャンクの原因はダウンスイングで体が前に出るという場合が多いです。

このようにスイングに問題がある場合は、
ゴムティーより内側(体に近い方)にボールを置きます。
ゴムティーとボールの距離はボール一個分程度です。

アドレスでゴムティーにあわせてセットアップし、手前のボールを打ちます。

アドレス時よりもクラブヘッドを手前に通すという動きです。

極端な動きによりダウンスイングで体が前にでる動きを直せます。

アドレスではゴムティーの位置に構えて、ゴムティーの内側でスイングをする。

極端な動きによりダウンスイングで体が前にでる動きを直せます。

「スイングを直す時は、オーバーな動きで直す」

「スイングを直す時は、素振りで直す」

この2つで効果的な練習ができます。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
シャンクを直す簡単な練習法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!