シャンクを直す簡単な練習法






シャンクを直すには、どうすれば良いのか?

シャンクにはいくつか原因があります。

・ボールと体が近すぎる

・ボールと体が遠すぎる

・ダウンスイングで右膝が前にでる

など、、、他にもいくつか原因があります。

アイアンのシャンクにはフェースの先にあたるケースと
ヒールにあたるケースがあります。

今日はヒールに当たるシャンクを直す練習方法を紹介します。

ヒールにあたるシャンクの原因はダウンスイングで体が前に出るという場合が多いです。

このようにスイングに問題がある場合は、
ゴムティーより内側(体に近い方)にボールを置きます。
ゴムティーとボールの距離はボール一個分程度です。

アドレスでゴムティーにあわせてセットアップし、手前のボールを打ちます。

アドレス時よりもクラブヘッドを手前に通すという動きです。

極端な動きによりダウンスイングで体が前にでる動きを直せます。

アドレスではゴムティーの位置に構えて、ゴムティーの内側でスイングをする。

極端な動きによりダウンスイングで体が前にでる動きを直せます。

「スイングを直す時は、オーバーな動きで直す」

「スイングを直す時は、素振りで直す」

この2つで効果的な練習ができます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク