無駄な力みは飛距離ロスの原因

どうすれば、ゆるみのないスイングで飛距離を伸ばせるのか?

力みを取ろうとすると必要なところも緩んでしまい飛距離が極端に落ちてしまいます。

練習をしていてこんな経験ありませんか?

無駄な力み」は飛距離ロスの原因になります。

ただ、、、

力みを取ろうと意識すると
スイングが緩んでしまいがちです。

スイングが緩んではショットが安定しなく、飛距離も落ちてしまいます。

ではどうすれば、
ゆるみのないスイングで飛距離を伸ばせるのでしょうか?

もしあなたも

「力みを取ろうと意識して、スイングが緩んでしまいがち!」

と悩んでいるならこの記事を参考にして下さい。



ゆるみのないスイングで飛距離を伸ばす方法

(1)スウェーが緩みの原因

腰が左右にスウェーすると下半身がグラつきます。

スイング軸がぶれてスイングが緩みます。

スウェーを防止して飛距離を伸ばす方法をこちらで紹介しています。

スウェーをしていると感じたらチェックして下さい。

スウェーを防止して飛距離を伸ばす方法

(2)左主導のダウンスイング

「ダウンスイングの緩み」で多いのは右手の使いすぎ。

右手を使いすぎると左手がゆるみやすいです。

左主導のダウンスイングをしましょう。

左手のグリップを右膝の辺りに
引き下ろすイメージでダウンスイングしたらどうでしょう。

(3)加速させながら振る

加速しながらインパクトするとスイングがゆるみません。

クラブヘッドが加速しながらボールをとらえると飛距離がでます。

女子プロが小柄でも飛ぶのは
加速しながらインパクトをしているから。

クラブヘッドを加速させる方法はいくつかあります。

ヘッドが加速しないと感じたらチェックして下さい。

右腕によってできるヒンジでヘッドを加速する

まとめ

(1)スウェーが緩みの原因
(2)左主導のダウンスイング
(3)加速させながら振る

飛距離が伸びるとゴルフが面白くなります。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

もしあなたが、

飛距離をもっと伸ばしたい!

と考えているのであれば、↓の練習法がオススメです。

1軸左肩打法でヘッドを走らせ飛距離アップ

応援しています!

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

アイアンをダウンブローで打ちたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

7番アイアンをダウンブローに打つ練習方法

是非、試してください。



スポンサーリンク