必ず打ってしまう3パット撲滅方法




自分がやってしまうミスを減らせばスコアは必ずよくなります。

ゴルフは如何にミスを減らすスポーツです。

ラウンド後にスコアカードをみたとき、きっと3パットが何度かあるでしょう。

毎回思うのは3パットがなければスコアはもっといいはずなのに!

ですが、、、

3パットの影響はそれだけではありません。

3パットになると、

やはり気持ちが塞いでしまい次のホールの調子まで狂ってしまい、

プレー全体に悪影響を与えてしまいます。



3パットを減らす方法があります

だれにでも3パットには一定の傾向があると思われます。

  • 上りのロングパットがショートしやすい。
  • バーディーパットは必要以上に強く打ってしまう。
  • 下りの1mのショートパットを大きくオーバーしてしまう。
  • 2段グリーンの傾斜がよめずにショートしてしまう。

などなどです。

いろいろなケースがあると思いますが、

その「頻繁にしてしまうミス」を減らすことが大切です。

頻繁にしてしまうミスをみつけましょう。

それには、

(1)3パットしたときにプレーの記録を残しましょう

例えば、ロングパットの上りファーストパットをショートしたなら、、、

「L U S」

L:ロング、U:アップ(のぼり)、S:ショート、D:ダウン(下り)

例えば、下りのショートパットを大きくオーバー

「D S O」

こんなメモをスコアカードの横にします。

記録を続けるとミスのパターンが見えてきます。

(2)「なぜ3パットした」理由を把握することが大切

・グリーンの速さを正しく読めているか?

・グリーンの速さは読めているがイメージどおりに打てないのか?

・曲がるラインを正しく読めているか?

・ラインを読めているのに、正しいラインに打ち出せないのか?

やみくもに練習をするのは効果的ではありません。

ラインや傾斜を読めていないのなら

平らな場所の練習よりもラインや傾斜を読む練習が必要です。

ラインが読めていても

狙った方向に打てていないならストロークの練習が必要です。

ロングパットは距離感が大切、ショートパットは方向性が大切になり、

それぞれのミスにより練習方法が変わってきます。

まずは「自分のミスの傾向を把握する」が大切です。

もしあなたが、

3パットを絶対に減らしたい!

と考えているのであれば、↓の練習方法が効果的です。

パッティング力を上げショートパットが決まり3パットがゼロ

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク