下半身リードでスタートすると振り遅れて飛距離が伸びない

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンスイングを下半身リードでスタートすると飛距離が伸びる?

切り返しを下半身リードにすると、捻転差が最大化し飛距離が伸びると言われていますが、 実際にやってみると、スライスになり、ボールは右に飛ぶケースが多いはずです。

下半身リードでスライスになる理由は振り遅れです。

インパクト時にフェース面が開いてしまうために発生します。

下半身のみがターゲット方向へ移動し、上半身と下半身がバラバラになっている状態です。

「振り遅れ」の症状

振り遅れの症状には、

  • 飛ばそうとすると、ボールが左右に散る
  • ドライバーの安定性が悪い
  • ミスはプッシュアウトが多い
  • プッシュアウトを嫌うと引っ掛けが出る

「振り遅れ」の解決方法

下半身リードを意識するのをやめてトップのポジションからダウンスイングの始動時に、

左肩をターゲット方向へ移動させる動きからスタートさせて下さい。この動きにするとスイング軸がブレません。

飛距離がアップし方向性も安定しますよ。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
下半身リードでスタートすると振り遅れて飛距離が伸びない
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!