スタート3ホールのスコアの崩れ防止

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、最初の3ホールでスコアが崩れるのか

スタートの3ホール(モーニングショット)で崩れる理由の1つとして、 練習と本番ではプレルーチンからショットまでのリズムが違います。

ラウンド前にドライビングレンジで練習する人は多いですが、本番モードでスイングの練習をしている人は少ないですね。

また、到着の時間に余裕がなく、パッティンググリーンでストロークの練習やグリーンの速さを確認するだけでスタートしてしまう人も意外と多いですね。

この人たちはいきなり本番スタートなんのでミスショットが出ても全く可笑しくないです。

崩れる理由として、
練習場と本番のコースでは、ボールを打つまでのリズムが違うことでスタートの3ホールでスコアを崩してしまう人がいます。

練習場にはOBはありませんし、ミスショットをしてもペナルティもありません。
練習では何度も打ちなおしているうちにリズムが整います。
またメンタル的な影響もでないので完璧と勘違いしてしまいます。

tigger_missしかし、本番は1発勝負なので、練習場とはリズムが違いますが、3ホールほどプレーをすると一発勝負のリズムになれてきます。

そのため4ホール目あたりからショットが安定し、スコアも安定するのです。スタートの3ホールでスコアを崩さないためにはどうすれば良いのか?

ラウンドの前の練習でコースでラウンドすることをイメージして練習をすることで本番に近いリズム感が養えます。

 ラウンドイメージの仕方

練習場で本番のリズムを作る方法として、これからスタートする1番ホールでも、別のコースのホールでも本番のコースを想定してボールを打ちます。

ドライバーでは本番と同じようにプレショットルーティンを行ってから、ボールを打ちます。

セカンドショットは残り距離を想定して、クラブを選び、プレショットルーティンを行ってからボールを打ちます。

狙った距離をショートした場合はその距離をアプローチします。
こちらもプレショットルーティンや素振りを本番と同じように行います。
パッティングは省略しましょう。!

こうしてラウンド前にラウンドしているメージをつくれば、本当の1番ティにきたときには、
既に3ホールほどプレーを終えた本番モードになっています。

とても単純ではありますが、

これで最初の3ホールで崩れるゴルフとお別れになります。

是非、参考にしてください。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
スタート3ホールのスコアの崩れ防止
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!