ダウンブローはスイングの最下点に達する前にボールを捉える






ダウンブロー練習法

ダウンブローに打つことで、

  • トップやダフリに悩まずにすみます
  • 飛距離が伸びます
  • 最高に気持ち良い打感でボールを打てます

インパクト時の「体の重心位置」や「グリップの位置」を少し直すだけでダウンブローに打てる場合も多いです。

ダウンブローに打てるとアイアンショットの後、芝生が前方に飛んで行くショットをテレビなどで見ることがあると思いますが、ダウンブローで打つ事でそうなります。

ダウンブローはアイアンの上達、ゴルフの上達に欠かせないショットの一つです。

アイアンショットはスイングの最下点でボールを捉えるのではなく、ボールにスピンを掛けてボールをコントロールするには、ダウンブローでボールを上から叩くようなイメージで捉える必要があるのです。

ダウンブローでスピンを効かせたボールを打つことが出来ると、グリーン上でボールを止める球が打てるようになります。

ということは、ダウンブローでピンをデッドに狙って、ワンパットでカップイン出来たらパット数が減ってスコアも良くなりますね。

アイアンのアッパーブローが駄目な理由

アッパーブローとはスイングの最下点を過ぎてからボールを打つ動きです。
アッパーブローはロフトが寝るため飛距離がおちるデメリットがあります

アイアンのダウンブローを身につける練習ドリル

練習場のマットの右端に、2つほどボールをはさみます。

マットの右端が高くなった状態で緩やかな傾斜ができます。

マットの右側は高くなりますがマットの中央や左側は平らですので、平らな場所にボールを置きます。

この状態で通常通りにボールを打つことで右側が高くなっているので、心理的にアッパーブローを防止できます。

ダウンブローに打つためのポイントは「正しいインパクトの形を知る」です。

正しいインパクトの形を知っていれば、自然にスイングは正しい状態に近づきます。

参考にしてください。

スポンサーリンク